ZOZOTOWNのツケ払いは未成年者への金貸し?その理由は

【追記】

未成年者が親の同意なく利用できるという批判に対してZOZOTOWN親の同意があることを確認するチェック機能をつけることにしたということです。


ZOZOTOWNがCMで宣伝中の「ツケ払いOK」が「未成年者を対象にした金貸しではないか?」と話題になっています。ツケ払いOKのCMといえば吉岡里帆さんが「2ヶ月も待てないよ」と、雨でずぶ濡れになっているCMですよね。「ツケ払い」が未成年者に対する金貸し」とは、つまりどういうことなのでしょうか。

スポンサードリンク

ZOZOTOWNとは

ZOZOTOWNではトップス・パンツ・ワンピースなど最新トレンドアイテムをオンラインでご購入いただけます。ZOZOは5713ブランドの人気アイテムを公式に取扱うファッション通販サイトです!

引用:ファッション通販ZOZOTOWN

ZOZOTOWNはインターネット上で衣類などファッションアイテムを販売する通販サイトです。

試着ができないため、衣類の通販には疑問がありましたが、運営会社の売上(2016年4月〜12月)は前年比で42%増ということで、多くの利用者がいることがわかります。

iPhone、Androidアプリもあるため、パソコン以外からも利用でき、手軽に使いやすいのも理由かもしれません。

そのZOZOTOWNで始まった「ツケ払いOK」のサービスが「未成年者に対する金貸し」とはどういうことなのでしょうか。

ツケ払いOK

引用:ファッション通販 ZOZOTOWNを App Store で

ZOZOTOWNの「ツケ払い」を簡単にまとめると

  • 注文日から2ヶ月以内で料金の後払いができる
  • ハガキの請求書が届くのでコンビニか銀行で支払う
  • 手数料は324円(税込み)
  • 利用可能金額は54,000円(税込)まで
  • 審査あり
  • 未成年の場合は保護者の同意が必要
  • 決済はGMOペイメントサービスが行う
  • 代金債権と決済に必要な個人情報が譲渡
  • SNSによる本人確認が必要な場合がある

> お支払い方法について – ZOZOTOWN

というものです。

つまり2ヶ月までの後払いができることを「ツケ払いOK」と表現していたのですね。

そして、問題となっている未成年については「保護者の同意」や「審査」などがしっかりあるようです。

未成年でもできるツケ払い

しかし、報道によると、利用規約に同意して会員登録をすることで54,000円まで利用可能で、年齢制限が無いことが指摘されています。

ZOZOTOWNとしても

  • 未成年を含めたクレジットカードを持たない
  • 後払いを希望者(2ヶ月待てない方)

にも利用してもらえるように作られた制度ですが、問題は

「これでは子どもが保護者に内緒で買い物ができてしまう」

ということです。

金貸しと同じ?

このように子どもが親に内緒で買い物をしてしまった場合も、商品を使ってしまった場合には親が保護者として支払う事が考えられます。

これは「金貸しと同じ」ではないかと一部で言われています。

たしかに「ツケ払い」自体が金貸しのような部分もありますが、今回のケースでは

  • 未成年者がほとんど審査もなくできてしまうこと
  • 金銭感覚を狂わせるきっかけになってしまう可能性

などが指摘されているというわけです。

さらに、限度額の54,000円という金額も、最終的に親が面倒を見てくれそうな額ということで、あえてこの金額にしたのではという憶測もあります。

ZOZOTOWN側の回答

「未成年者がご利用する場合は、保護者の同意が必要です。登録する前に利用規約を確認して頂いています」(秘書広報部)

引用:ライブドアニュース

ZOZOTOWNはこの件に対し、「利用には保護者の同意が必要」という利用規約があるため問題ないという姿勢のようです。

おそらくZOZOTOWNでも、この制度を始める前に未成年者の利用は議題に登ったのでしょう。

その問題を回避するための利用規約ということですね。

まとめ

よくスマホゲームの課金などで、親に内緒で何十万円もの課金をしてしまう、というニュースは何度か目にしてきました。

それに比べると5万円程度の制限があれば、あまり問題にならないと考えます。

たしかに親に内緒で買い物をしてしまったら問題ですが、一度やれば親にはバレてしまうため、何度も繰り返しやるケースは少なくなると考えます。

後払いには当然お店側のリスクもあり、バランスを取った上での金額設定と考えます。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする