山梨甲斐 17歳少年が自宅に放火..場所や理由と動機は?トラブルとは

1月5日、山梨県甲斐市で住宅1棟が全焼する火事がありました。

この件で1月7日警察はこの家に住む17歳の少年を放火の疑いで逮捕しました。

少年は「油をまいて火をつけた」と容疑を認めているということです。

警察は親族間で何らかのトラブルがあったとみて、詳しい動機などを調べています。

家事があった場所

家事があったのは山梨県甲斐市下今井の住宅と報じられています。

引用:UTYテレビ山梨

現場は双葉中学校の南側にある住宅密集地ということです。

逮捕された少年について

逮捕された少年については

  • 17歳
  • 無職
  • 「油をまいて火をつけた」
  • 容疑を認めている

とだけ報じられており、動機などは分かっていないようです。

火事の経緯

報じられている火事の経緯をまとめます。

  • 1月5日0時20分頃
  • 山梨県甲斐市の住宅
  • 家族が、居間が燃えているのに気が付き通報
  • 火は約2時間半後に消し止められる
  • 木造平屋の住宅1棟が全焼
  • 2台の車の一部も焼く
  • 出火当時、家には家族ら5人がいた
  • 火に気づいて逃げていたためけが人はなし
  • 7日、聞き込み捜査などにより放火の疑いが高まり逮捕

現場は住宅密集地ということですが、周りの住宅には被害が及ぶことはなかったようですね。

自宅に火をつける…油もまいたと話しているようです。

それほどまでに不満なことがあったのでしょうか。

現在警察は親族の間で何らかのトラブルがあったとみて、動機などの捜査を進めているということです。

住宅放火容疑 17歳の少年逮捕

 おととい、甲斐市で住宅1棟が全焼する火事があり、警察はこの家の家主の親族で17歳の無職の少年を放火の疑いで逮捕しました。

警察と消防によりますと、5日の深夜、甲斐市下今井の木造平屋建ての住宅の居間から火が出て、およそ2時間半後に消し止められましたが、この住宅1棟が全焼しました。

住宅の中には当時、ともに60代の家主の男性とその妻、それに子ども2人の合わせて4人がいましたが、外に逃げてけがはありませんでした。

この火事について警察が聞き込み捜査などを進めた結果、家主の親族で甲斐市に住む17歳の無職の少年が火をつけた疑いが強まったとして7日、放火の疑いで逮捕しました。

少年は警察の調べに対し「油をまいて火をつけた」などと話し、容疑を認めているということです。 警察は親族の間で何らかのトラブルがあったとみて詳しい動機などを調べることにしています。

引用:住宅放火容疑 17歳の少年逮捕|NHK 山梨県のニュース

シェアする

フォローする