都立高校の6割で地毛証明 なぜ厳しいのか?幼児期の写真を提出させることも

都立高校の6割で地毛の証明をさせていることが分かりました。高校生で地毛証明とは一体?と思いましたが、そっちの話ではなく、髪色やパーマなどが校則違反かどうかを判断するためということです。つい先日も話題になっていましたよね。しかし都立高の6割もが実施していたとは驚きです。問題はないのでしょうか。


【追記】

東京都の教育委員が、「地毛証明」のために写真を一律に提出させることを止めると報道されました。

プライバシーの侵害にあたるという批判を考慮したためということです。

しかし、保護者の要望や同意などがある「真に必要な場合」に限っては写真提出をさせるとも伝えられています。


具体的には

  • 入学時に一部の生徒に対して
  • 髪色やパーマが校則違反でないか
  • 勘違いによる指導を防ぐ
  • 証明のために幼児期の写真を提出させる例も

ということです。

多くの都立高では校則で髪を染めることもパーマも禁止されています。

そのためのものということですが、かなり厳しく、本格的な指導のようですね。

幼児期の写真を提出

確かに証明と言うくらいなので、はっきりした証拠のようなものが必要なのは分かります。

しかし幼児期の写真を提出させるのはやり過ぎではないでしょうか。

パーマはともかくとして、髪染めなどは相当上手にやらないと根元部分で色が違って分かるはずです。

逆に私の例で言えば、普段はものすごい癖っ毛ですが、学生時代は丸刈り(ボウズ)だったため癖っ毛感はゼロでした。

これでは逆に分からないと思います。(…ということは証明が必要になってしまいますね。)

そして幼いころと髪質が変わることだってあるはずです。

そもそも幼少期の写真を提出したくありません

というわけで幼児期の写真を提出することには反対の立場です。

専門家は人権上の問題から疑問視しているということですが、一般人の感覚からしてもやりすぎの印象を強く受けます。

そして、幼児期の写真を求めることは特別な例ではないようです。

少なくとも19の学校で幼児期や中学校時代の髪の毛が分かる写真を求めていることが分かっています。

スポンサードリンク

なぜここまで厳しくやるのか

1ヶ月ほど前に初めてこの話題を聞いたときには、かなり突っ込んだことをする学校もあるんだなという印象でした。

しかし、今年から始めた都立高もあるようで、かなり厳しく取り締まられていることが分かります。

学校や教育委員会はその理由として

生活指導を徹底していく上で、間違った指導で嫌な思いをさせないため

としています。

生活指導と生徒に嫌な思いをさせないためのどちらに重点があるかは分かりませんが、その裏では

生活指導の徹底 → きちんとしていることのアピール → 生徒募集

という狙いもあるとされています。

学校にとって生徒募集は重要なテーマです。

生活指導の面をキッチリして生徒募集につなげようとするのは、一つの方法として正当なものと言えます。

しかし、証拠を付けて証明書を提出させるというのは、生徒と学校との間に距離を感じてしまいます。

そもそも「間違った指導」が起こり得るシチュエーションを考えると

  1. 髪色が明るい生徒がいる
  2. 教員が見つけて注意と指導をする

というものでしょう。

しかしこれもワンクッション置けば

  1. 髪色が明るい生徒がいる
  2. 教員が見つけて事情を聞く
  3. 生徒が地毛であることを伝える
  4. 教員が事情を理解する

となり、誰も嫌な思いはしないのではないでしょうか。

「地毛証明」を取った場合も「証明を取っている」という説明が挟まるはずです。

逆に証明を確認するまで納得しない教員であれば、証明があっても嫌な思いをすることになりそうです。

大差ないように思いますが、現場の実情は違うのでしょう。

おそらく「いやな思いをさせないため」以上の理由がこの「地毛証明」にはあると考えられます。

まとめ

「地毛証明」が当たり前に広まっていたことに驚きました。

しかしわざわざ「地毛証明」を取らせなければいけないという状況なのでしょう。

しかし証明方法など運用も生徒の事を考えて実施する態度をとってもらいたいですね。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする