横浜南区 6ヶ月女児をケースで放置…場所や理由は?死因は脱水症状か

横浜市で、生後6ヶ月の女の赤ちゃんに十分な食事を与えずに死亡させたとして、29歳と19歳の長身が逮捕されました。

赤ちゃんが死亡したのは昨年5月で、床に横たわっているのを両親が消防に通報していましたが、遺体の状況に不審な点があったため病院が警察に連絡していました。

警察の調べに対し2人容疑を認めているということです。

事件があった場所

事件があったのは横浜市南区とされています。

逮捕された両親

逮捕された両親については

  • 29歳の父親、自称派遣社員
  • 19歳の妻、自称派遣社員
  • 「パチンコや買い物に行くため部屋に放置していた」
  • 容疑を認めている

ということです。

事件の経緯

報じられている事件の経緯をまとめます。

  • 去年5月31日未明帰宅した容疑者ら
  • 床に横たわった赤ちゃんを見つけ消防に通報
  • 遺体の状況に不審な点があり病院が警察に連絡
  • 部屋の温度は26度で熱中症の疑いがあり衰弱していた
  • 赤ちゃんの身長は約70センチ
  • 縦35センチ横47センチの小さなケースに入れ
  • アルバイトやパチンコに頻繁に出かけていた
  • 十分な食事も与えていなかった
  • 死因は不詳だが脱水症状か熱中症の疑いが強い

生後6ヶ月の赤ちゃんが放っておいて大丈夫な訳ありません…

現在警察は詳しい経緯を調べているということです。

インターネット上での反応

ari***** | 1分前
どれだけさみしかっただろう。苦しかっただろう。

今度はうちに産まれておいで。たくさんたくさん大切にするから。

ero***** | 2分前
子供は親を選べない(>_<)かわいそうだ。

yam***** | 4分前
こいつら生まれてこない方が良かった。

ちゃちゃ | 6分前
産まなきゃ良いのに...

luv***** | 12分前
こんなやつら
生かしておく価値なし。

赤ちゃん
かわいそう。。

お腹すいたし、
さみしかったねぇ、、

鳩山狂夫(はとやまくるお) | 12分前
刑務所にぶちこんで飯与えないで放置しようぜ。
同じ目にあわせよう。

放置の女児衰弱死で両親逮捕

 去年5月、横浜市で生後6か月の赤ちゃんに十分な食事や水分を与えず死亡させたとして警察は、29歳と19歳の両親を保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕しました。

2人は赤ちゃんを小さなケースに入れて、アルバイトやパチンコなどに出かけていたとみられ、警察は詳しい経緯を調べています。

逮捕されたのは、いずれも自称・派遣社員で横浜市南区の29歳の男と19歳の妻で、警察によりますと去年5月中旬から下旬にかけて、自宅のアパートで生後6か月の娘に、十分な食事や水分などを与えずに放置し、死亡させたとして保護責任者遺棄致死の疑いが持たれています。

2人は、去年5月31日の未明に帰宅した際、床に横たわった赤ちゃんを見つけ、消防に通報したということですが、その後、遺体の状況に不審な点があったたため病院が警察に連絡していました。

当時、部屋の温度は26度で、赤ちゃんは熱中症などの疑いで衰弱していたということで警察の調べに対して2人は容疑を認めているということです。

赤ちゃんは当時、身長がおよそ70センチでしたが2人は、縦35センチ、横47センチの小さなケースに赤ちゃんを入れてアルバイトやパチンコなどに頻繁に出かけていたとみられるということです。

警察は赤ちゃんを放置していた詳しい状況を調べています。

引用:放置の女児衰弱死で両親逮捕|NHK 神奈川県のニュース

シェアする

フォローする