和歌山上芳養 女子児童の顔にスプレー噴射 逃げた男の特徴や場所は?

12月19日午後、和歌山県田辺市で歩いていた小学生の女子児童が、男にスプレー缶の液体を吹きかけられる事件がありました。

女子児童は顔の皮膚がただれ全治3ヶ月の重症を負っています。

男はメガネを掛けていたということです。

現在警察が男の行方を追っています。


【追記】

逃走していた容疑者が逮捕されています。

和歌山県田辺市で、帰宅中の8歳の女子児童が男からスプレー缶の液体を吹きかけられた事件で、警察は田辺市の臨時職員(20)を逮捕しました。 ...

事件があった場所

事件があったのは和歌山県田辺市上芳養の県道と報じられています。

具体的な場所は報じられていませんが、ストリートビューは上芳養小学校付近のものです。

人通りの少なそうな場所です。

逃げた男の特徴

現在男の特徴については

メガネを掛けていた

ことのみが報じられています。

目撃者がおらず、女子児童の証言だけしかないのかもしれませんが、女子児童も顔をやられており、男の特徴をみていない可能性もあります。

あとは防犯カメラの映像でしょうか。

ただ場所的に防犯カメラの数も少なそうで、捜査が難しそうな印象です。

被害にあった女子児童

被害にあったのは

  • 市内の小学生の女子児童
  • 帰宅中だった
  • 顔の皮膚がただれる
  • 全治3ヶ月の重傷

ということです…

事件の概要

報じられている事件の経緯をまとめます。

  • 12月19日午後3時10分頃
  • 和歌山県田辺市上芳養の路上
  • 歩いていた帰宅中の女子児童
  • 車から降りてきた男が道を尋ねるような言葉をかける
  • いきなりスプレー缶の液体を顔めがけて噴射
  • 車で逃走した
  • 顔がただれる重症を負った女子児童
  • 泣いていることに近所の住民が気付く
  • 学校を通じて119番通報

女子児童は尋ねられたため当たり前のように答えようとしていたのでしょう。

そこにつけ込む犯行で、しかも顔がただれるような…ひどすぎますね。

一体何が目的でやったのでしょうか。

現在警察が男の行方を追っているということです。

和歌山県田辺市で、帰宅中の8歳の女子児童が男からスプレー缶の液体を吹きかけられた事件で、警察は田辺市の臨時職員(20)を逮捕しました。 ...

<和歌山>女子児童に男がスプレーで液体 顔の皮膚ただれる

◇全治3カ月の重傷 男は車で逃走

19日午後3時10分ごろ、和歌山県田辺市上芳養(かみはや)の県道で、歩いていた市内の小学校の女子児童が、車から降りてきた男にスプレー缶の液体を吹き掛けられた。女児は顔の皮膚がただれ、全治3カ月の重傷を負った。県警田辺署は傷害事件として男の行方を追っている。

同署によると、女児は帰宅途中。男は女児に道を尋ねるような言葉をかけて近付き、いきなりスプレー缶の液体を顔をめがけて噴射し、車で逃走した。女児が泣いているところを近所の住民が気付き、学校を通じて119番通報した。男は眼鏡をかけていたという。

引用:<和歌山>女子児童に男がスプレーで液体 顔の皮膚ただれる (毎日新聞) – Yahoo!ニュース

シェアする

フォローする