横浜鶴見 中3男子生徒の自転車事故の場所や原因は?78歳女性はねる

12月12日午後6時過ぎ横浜市鶴見区で、中学3年生の運転する自転車が79歳の女性と正面衝突し女性が死亡する事故がありました。

現場は川沿いの遊歩道で、自転車はライトを付けていたということです。

現在警察が当時の状況や詳しい事故の原因を調べています。

事故のあった場所

事故があったのは横浜市鶴見区下末吉の鶴見川沿いの歩道とされています。

引用:Yahoo!ニュース

歩道は幅約5.5メートル、自転車の通行はできる、街灯はないということです。

事故にあった女性

事故にあった女性については

  • 崎山法子さん
  • 79歳
  • 横浜市鶴見区下末吉
  • 犬の散歩をしていた
  • 病院に運ばれるも約3時間後に死亡

ということです。

事件の経緯

報じられている事件の経緯をまとめます。

  • 12月12日午後6時過ぎ
  • 横浜市鶴見区の鶴見川沿いの歩道
  • 中学3年の男子生徒(14)が友達の家から自転車で帰る途中
  • 78歳の女性と正面衝突
  • 共に病院に搬送される
  • 女性は約3時間後に死亡
  • 男子生徒は手足を打撲する軽傷
  • 自転車はライトをつけていた

男子生徒の自転車の種類はマウンテンバイクだったということです。

暗くなっており、急いで帰ろうとスピードを出していたのかもしれません。


【追記】

男子生徒は「少し脇見をしていたらぶつかった」と話しているようです。


ライトがついていても、自転車側はどこまで遠くが見えたか分かりませんし、女性もとっさには避けられなかったのでしょう。

現在警察が当時の状況や、事故の詳しい原因を調べています。

インターネット上での反応

min***** | たった今
焦点なのですが、確かに報道陣だけの話を聞いただけでは本当の状況は解りませんが少年の自転車だけが悪いのですか?業務上過失で有ればその場所が暗い、ましてや歩行者と自転車が一緒に走行すると解っている行政、地方自治体にも街灯を設置するなどの、予防的処置が出来たのではないでしょうか?
散歩をしていた方も、地元の方だったら河川敷は暗いからと認識はあったはずでは?自分を認識させる様な懐中電灯を持っていたとか反射的な物を身に付けていたとか対策はしていたのでしょうか?
ただ、自転車に乗っていた方が一方的に悪いと決め付けるのは如何かと思います。

ただ、言える事は、ちゃんとそこに人がいると認識出来る様に行政、地方自治体が対策を怠ってしまったのが原因ではないかと思って仕方ありません。
真相は解らないので思ったままの意見ですが。

iim***** | 5分前
もういい加減にチャリンコに対する交通ルールを決めないと。学生さん達はけっこうなスピードで走ってるからねぇ。
チャリンコもナンバーつけて管理したほうが良いような気がしますね。

dcp***** | 13分前
中高生の暴走自転車ほんとに恐ろしい
遅刻回避しか考えてないからまわり見てないし自分が加害者になるなんて全く思ってない
夕方はスマホ見ながら乗ってるし
ナンバー大きいのつけてほしいくらい

mar***** | 14分前
自転車は免許がないから軽く見る人が多すぎる

自分もクロスバイクに乗っているがスピードが出るのでかなり気を付けている
ママチャリの時以上に交通ルールに慎重になった
自転車だろうが事故を起こせば大きな事態になることをもっと認識するべきだと思う

警察も自転車の取り締まりは緩すぎる
すれ違い様の口頭注意で済ましているのもよく見る
車並みに取り締まれば乗る側の意識も変わるのではないだろうか

sev***** | 18分前
いつも思うのが、夜道に黒系の服着て歩く人がまだまだ多い。
せめて懐中電灯持つとかしてもらいたい。

シェアする

フォローする