豊橋祇園祭2016の日程とアクセス!手筒花火と有料席の値段は?

image
出典:豊橋祇園祭

手筒花火が豪快な愛知県の豊橋祇園祭をご存知ですか。

火花が降り注ぐ中で花火を持っている人

絶対熱いですよね。

今回はこの手筒花火が見られる豊橋祇園祭を紹介します。

スポンサードリンク

豊橋祇園祭とは

豊橋祇園祭は愛知県豊橋市吉田神社で

毎年7月中旬に3日間で開催されるお祭りです。

特徴は手で花火の筒を抱える手筒花火

その歴史は16世紀まで遡ります。

始まりには諸説ありますが

450年以上の歴史を持つ、

伝統あるお祭りなんですね。

ちなみに京都にも祇園祭がありますが、

そもそも「祇園祭」は祭礼を表す言葉です。

つまり、豊橋祇園祭は

京都の祇園祭とは直接は関係ないということです。

さらに祇園神社は牛頭天王(ごずてんのう)・スサノオを祭神とする神社で

日本各地にあります。

豊橋祇園祭は2日目が人気

3日間で開催される豊橋祇園祭ですが

中でも人気なのが2日目です。

2日目は名物の手筒花火が複数回披露される他

打ち上げ花火のコンクールもあります。

花火好きなら2日目です。

豊橋祇園祭2016日程

2016年の豊橋祇園祭の日程を確認します。

日程

7月15日(金)・16日(土)・17日(日)

花火が見られる時間帯

7/15(金)

神前花火奉納:18時30分〜(吉田神社境内)

手筒花火が見られます

7/16(土)

 手筒花火

朝:8時00分〜(約30分)

昼:11時00分〜(約2時間)

夕:18時00分〜(約1時間)

 打ち上げ花火

 19時00分〜21時00分(1万発)

場所は豊川河畔になります。

また、17日には神輿渡御(みこしとぎょ)が

13時30分〜吉田神社出発で、

前日の14日には15時00分〜

子供の笹踊りが見られます。

やっぱりメインは花火ですかね。

有料の桟敷席でゆったり花火観覧

約10万人の人出が予想されており、

混雑すること間違い無しです。

そのため、もしゆったりと花火を観覧したいのであれば

有料の桟敷席(さじきせき)をおすすめします。

  • 値段:1人4,000円(奉賛金として、3歳未満は不要)
  • 場所:豊川河畔
  • 申し込み:電話 0532-53-5528、チケットぴあ、セブンチケット
  • 受付時間:平日10時00分〜17時00分

場所取りもイベント感があって楽しいですが、

豊橋祇園祭は大イベントです。

場所がとれるか心配ですよね。

ここで穴場を紹介します。

穴場スポット

打ち上げ花火であれば間近で見なくても楽しめます。

そこで穴場とされているのが豊橋公園です。

豊川河畔にある広い公園で花火がよく見えます。

しかし穴場とは行っても場所取りは必要になります。

アクセス

会場となる吉田神社までは

電車

名鉄名古屋本線・JR東海道本線「豊橋」から

市電(路面電車)乗り換え「市役所前」下車

徒歩約5分

豊橋駅からだと30分位かかります。

暑い時期なので市電を利用しましょう。

東名高速道路豊川ICから国道151号線

約20分

駐車場なし(コインパーキングはたくさんあります)

ただしお祭り当日は混雑するため20分では到着しないでしょう。

まとめ

  • 豊橋祇園祭の目玉は手筒花火
  • 開催期間は7/15(金)〜17(日)
  • 花火が多く楽しめるのは16日(土)
  • 手筒花火は15日(金)の吉田神社か16日(土)の豊川河畔
  • 打ち上げ花火は16日(土)19時〜21時
  • 花火鑑賞には有料(4,000円)の桟敷席もある
  • アクセスは豊橋駅から市電で約5分
  • 車だと豊橋ICから約20分(混んでいない場合)

打ち上げ花火もいいですが

手筒花火の迫力は違ったよさがあります。

豊橋祇園祭にいかれる際にはぜひ手筒花火をご覧ください。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする