東京台東区 窓の清掃員が宙づりで死亡..場所や原因は?事故の可能性

1月12日、東京都台東区のマンションで、60代の男性作業員が宙づりになっているのが見つかり、救助されましたが搬送先の病院で死亡が確認されました。

警察は事故の可能性が高いとみて調べを進めています。

事故があった場所

自己があったのは東京都台東区の4階建てのマンションとされています。

引用:Yahoo!ニュース

宙づりになっていた男性

宙づりになっていた男性については

  • 60代
  • 作業員
  • 窓の清掃をしていた
  • 命綱のロープで仰向けの状態で宙づりに
  • 救助後病院に搬送されるも死亡が確認

ということです。

事故の経緯

報じられている事故の経緯をまとめます。

  • 1月13日午後2時頃
  • 東京都台東区の4階建てマンション
  • 「作業員が宙づりになっている」と110番通報
  • 窓の清掃をしていた男性が宙づりに
  • 救助され病院に搬送されるも午後3時半頃死亡が確認

初めてではないはずなので、宙吊りになったことが原因で死亡したとは考えにくいですよね。

宙づりになる前の時点で、男性作業員に何か異変があったということでしょうか。

現在警察は事故の可能性が高いとみて調べを進めているということです。

インターネット上での反応

ドラマニ | 13分前
クモ膜下出血とかかな。

//// | たった今
事故じゃないよね?
病死だと思うよ
急性心不全

coc***** | 5分前
お疲れ様でした。
ゆっくりお休みください

le_***** | 5分前
詳細は分からないけど、
御冥福をお祈りいたします。

jsn***** | 3分前
宙吊りになったら圧迫されるから、実際1人じゃ助からないね。

syu***** | 9分前
事故の可能性が高いってことは
病気が原因ではないね…。

無欲 | 8分前
寒い日だから、血管系の病死だろう。
いろんな人生いろんな最期がある。
病気を抱えながら、お疲れ様でした。

hikarinokuni | たった今
60歳代でキツイ仕事されて、気の毒だ。
宙吊りとは、恐怖な仕事

安全ベルトして無かったら下に落下していただろう。

安全ベルトしていたにもかかわらず、安全ベルトの
安全ではないベルトだったという事か?

安全性を高めるためにも、実際もっと改良させないと逆さになってしまう事故には対応して無い。

シェアする

フォローする