栃木宇都宮 息子が父親を包丁で刺し..場所や理由は?殺意は否認

4月11日夜、栃木県宇都宮市の住宅で、53歳の父親が32歳の息子に刺され、その後死亡する事件がありました。

警察は息子を逮捕し、詳しい経緯を調べているということです。

事件があった場所

事件があったのは栃木県宇都宮市簗瀬の住宅とされています。

引用:父親を包丁で刺す 殺人未遂容疑で息子逮捕、宇都宮(TBS系(JNN)) – Yahoo!ニュース

逮捕された容疑者について

逮捕された容疑者については

  • 田仲裕之容疑者
  • 32歳
  • 派遣社員
  • 「包丁で刺した」
  • 「殺すつもりはなかった」
  • 殺意については否認

ということです。

また、刺された男性については

  • 田仲俊昭さん
  • 53歳

とされています。

事件の経緯

報じられている事件の経緯をまとめます。

  • 4月11日午後8時頃
  • 栃木県宇都宮市の住宅
  • 「親子げんかで父親が腹を負傷した」
  • 母親から119番通報
  • 警察が駆けつけたところ
  • 血を流して倒れている男性を発見
  • 男性は病院に搬送されるもおよそ4時間半後に死亡
  • 現場にいた男に事情を聞き
  • 「包丁で刺した」と話したため逮捕

現在警察は、親機のトラブルが原因とみて、詳しい経緯を調べているということです。

インターネット上での反応

ミク3 | 2時間前
包丁は絶対にダメです。

親は、子供に殺される程辛いことはありません。

***** | 2時間前
親を殺す位なら自立して実家を出たら良いのに、それは出来ないのね。
甘ちゃんだわ。

mhm***** | 4時間前
経緯は分からんが、
どうして、刺しちゃうかな?

Assassin | 4時間前
無職かと思ったらいちおうは仕事してるっぽ
いな。

dor***** | 4時間前
派遣でストレス溜まってるとこに父親が一言余計なことを言ってしまったのかもしれない

父親を刺して殺害か 息子を逮捕

11日夜、宇都宮市の住宅で53歳の父親の腹を包丁で刺したとして、32歳の息子が殺人未遂の疑いで逮捕されました。 父親はその後死亡し、警察は容疑を殺人に切り替えて詳しいいきさつを調べています。

逮捕されたのは宇都宮市簗瀬の派遣社員、田仲裕之容疑者(32)で、警察によりますと11日午後8時ごろ、自宅で父親の俊昭さん(53)の腹を包丁で刺して殺害した疑いがもたれています。

同居する母親から「親子げんかで父親が腹を負傷した」と消防に通報があり、警察が駆けつけたところ、自宅で血を流して倒れている俊昭さんを見つけました。

警察が現場にいた田仲容疑者に事情を聞いたところ「包丁で刺した」と話したことから、殺人未遂の疑いでその場で逮捕しました。

俊昭さんは病院に運ばれましたが、およそ4時間半後に死亡しました。

調べに対し田仲容疑者は「殺すつもりはなかった」と、殺意について否認しているということです。

警察は親子のトラブルが原因と見て容疑を殺人に切り替えて、詳しいいきさつを調べています。

引用:父親を刺して殺害か 息子を逮捕|NHK 栃木県のニュース

シェアする

フォローする