栃木千塚 小学生ひき逃げか19歳専門学生が逮捕..場所や原因は?否認

2月8日、栃木市で小学生をひき逃げをしたとして、19歳の専門学生の少女が逮捕されました。

調べに対し少女は「その場所は走っていたが、人に当たった記憶はない」と容疑を否認しているということです。

現在警察は当時の状況を詳しく調べています。

事故があった場所

事故があったのは栃木市千塚町の市道とされています。

逮捕された少女について

逮捕された容疑者については

  • 19歳の少女
  • 専門学生
  • 栃木市
  • 「その場所は走っていたが、人に当たった記憶はない」
  • 容疑を否認

ということです。

事件の経緯

報じられている事件の経緯をまとめます。

  • 2月6日午前7時26分頃
  • 栃木市の市道
  • 集団登校中の小学生の列に車が接触
  • 小学4年の女児が足の打撲などの軽いケガ
  • 車はそのまま走り去っていた
  • 現場周辺の目撃情報と車体に残った傷から
  • 19歳の専門学生の少女を逮捕

朝の時間帯であったため、急いでおり仮に当たっていたとしても気が付かなかった事も考えられます。

ただ目撃情報があっての逮捕となれば、可能性は高いでしょう。

現在警察は当時の状況を詳しく調べているということです。

ひき逃げの疑いで19歳少女を逮捕 栃木署

 栃木署は8日、自動車運転過失傷害と道交法違反(救護措置義務違反・事故不申告)の疑いで、栃木市、専門学校生の少女(19)を逮捕した。容疑を否認している。

逮捕容疑は6日午前7時26分ごろ、栃木市千塚町の市道で乗用車を運転中、道路右側を歩いていた同市、小学4年生女子児童(10)に衝突し、軽いけがをさせ、そのまま逃走した疑い。

引用:ひき逃げの疑いで19歳少女を逮捕 栃木署|下野新聞「SOON」

シェアする

フォローする