『時をかける少女』ラベンダーの香りが持つ本当の意味は?

tokiwo
出典:時をかける少女|日本テレビ

2016年7月9日(土)より日本テレビでドラマ「時をかける少女」がスタートします。

「時をかける少女」は筒井康隆氏の1967年発表の作品で
これまで何度も映像化がされてきました。

今回のドラマは2016年という時代に合わせ再構成された
新しい「時をかける少女」になるようです。

しかし、原作や今までの作品での伏線やトリビアが
ドラマでも表現されることと思います。

そこで今回は「ドラマ版を100倍楽しむ」という視点でいろいろ見ていきましょう。

スポンサードリンク

「時かけ」を100倍楽しむ!伏線、トリビア集!

「時かけ」はもちろん「時をかける少女」のことです!

「事件」の起きる理科室へ向かう途中で聞こえる音楽

物語の始まり、芳山和子(原作の主人公)が理科室に向かう途中で
講堂から誰かの弾くピアノのメロディーが聞こえてきます。

原作ではショパンのポロネーズでしたが、

2006年の映画版ではバッハのゴルドベルク変奏曲が流れています。

バッハのゴルトベルクはリピートに特徴があり、
演奏家によっては1時間30分以上の長い楽曲となります。

「時をかける少女」においては

「リピート」=「繰り返す時間」

を暗示しているのですね。

作中ではもう一度このゴルトベルクの流れる場面に「リピート」してきます。

ドラマ版で使われる曲は何になるのでしょう。

ラベンダーの香りには…

和子がタイムリープの能力を手に入れたとき
ラベンダーの香りがしました。

ラベンダーの香りは小学生のとき母からもらった香水で知っていましたが、

−−−それだけではない…。

ラベンダーのにおいには、何か、もっと他に思い出がある…。

もっとだいじな思い出が…。

だが、和子には思い出せなかった。

引用:『時をかける少女』筒井康隆より

思い出せないんです。それは…

ネタバレを読む

ロケ地は伊豆

2016ドラマ「時をかける少女」のロケ地は伊豆が中心のようです。

その他、沼津市の大久保公園や沼津市役所でのロケが目撃されています。

今回は夏のストーリーなので、
伊豆はロケに最適な場所とも言えますね。

主題歌

2006年のアニメ版では奥華子さんの『ガーネット』が使用されました。

ガーネットは宝石で、石言葉には「友情・友愛」という意味があります。

ストーリーともマッチしていますね。

また、歌詞の中にも

変わっていくことを怖がってたの

ずっと友達のままいれる気がした

終わってく物など無いと思った

引用:『ガーネット』奥華子より

と、物語のラストをにおわせるフレーズがあります。

とても物語の内容とマッチしたものでした。

では、2016ドラマ「時をかける少女」の主題歌を見ていきましょう。

主題歌

AKB48『LOVE TRIP

告白」がテーマの曲となっています。

エンディングテーマ

NEWS『恋を知らない君へ

“ひと夏の究極にせつない恋”を歌ったラブ・バラード

せつない恋」は「時をかける少女」まさにその通りです。

NEWSからは加藤シゲアキさんが担任の矢野和孝先生役で出演します。

まとめ

  • 物語のはじめにの音楽に注目
  • ラベンダーの香りには大切な思い出が…
  • ロケ地は伊豆
  • 主題歌はAKB48『LOVE TRIP
  • エンディング曲はNEWS『恋を知らない君へ

原作は短編の物語だったため、シンプルにまとまった作品ですが

映像化されるときには様々な伏線が仕込まれていきます。

見逃さずに読み取って、「時をかける少女」を100倍楽しみましょう。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする