千葉茂原 6歳男児が池に転落し死亡..被害者や場所と原因は?3人で遊ぶ

3月17日正午前、千葉県茂原市で、6歳の男児が池に落ちて死亡する事故がありました。

警察は池に柵が無いことなどから、男児が誤って転落し溺れたと見て詳しい位状況を調べています。

事故のあった場所

事故があったのは千葉県茂原市本納の鞘戸池とされています。

引用:6歳男児が池に転落して死亡|NHK 千葉県のニュース

映像からも柵のない池であることがわかります。

転落した6歳の男児について

転落した男児については

  • 高山陽向くん
  • 6歳
  • 茂原市内に住む

ということです。

事故の経緯

報じられている事故の経緯をまとめます。

  • 3月17日午前11時50分頃
  • 千葉県茂原市本納の鞘戸池
  • 「池に子どもが落ちたようだ」
  • 近くに住む女性が110番通報
  • 10分後、警察と消防が駆けつける
  • 池に浮いていた男児を引き上げる
  • 意識不明の状態で病院に搬送
  • 約1時間後に死亡が確認
  • 7歳の兄と別の男児と遊んでいた

慣れていたのかもしれませんが、池の近く、特に柵がないようなところでは遊ばないほうがいいかもしれませんね。

警察は、男児が何らかの原因で池に転落し溺れたと見て、詳しい経緯をしらべているということです。

6歳男児が池に転落して死亡

17日正午前、千葉県茂原市で、6歳の男の子が池に落ちてまもなく死亡しました。

警察は誤って転落して溺れたとみて詳しい状況を調べています。

17日正午前、千葉県茂原市本納の鞘戸池で「池に子どもが落ちたようだ」と近所の人から警察に通報がありました。

男の子は、およそ10分後に池の中から救助されましたが、意識不明の状態でおよそ1時間半後に搬送された病院で死亡しました。

亡くなったのは市内に住む高山陽向くん(6)で、警察によりますと、7歳の兄と2人で池のそばで遊んでいたとみられます。

池の周囲に柵などはなかったということで警察は誤って池に転落して溺れたとみて詳しい状況を調べています。

引用:6歳男児が池に転落して死亡|NHK 千葉県のニュース

シェアする

フォローする