社会

山陽電鉄の遮断器が下りなかった踏切の場所は?電車はそのまま通過

1月20日(月)早朝、兵庫県で山陽電鉄の踏切5箇所が下りずに電車が通過したと報じられています。

20日早朝、山陽電鉄の踏切5ヵ所で遮断機が下りないまま電車が通過していたことがわかりました。

遮断機が下りなかったのは、兵庫県明石市の山陽電鉄東二見駅から魚住駅間にある5ヵ所の踏切です。山陽電鉄によりますと、19日の終電から東二見駅で行われた工事にともない踏切の遮断機を停止していたところ、停止を解除することなく電車を走らせたということです。通過したのは始発の1本で、後続の電車の運転士が遮断機が下りていないことに気づきました。通行人などにけがはありませんでした。山陽電鉄は「再発防止に努める」としています。

引用:山陽電鉄で遮断機が下りないまま電車通過 深夜の工事終了後に停止解除忘れるミス(ABCテレビ) – Yahoo!ニュース

スポンサードリンク

報じられている内容

  • 1月20日早朝5時15分すぎ
  • 兵庫県の山陽電鉄
  • 明石市の東二見駅〜魚住駅間の5箇所のの踏切
  • 遮断器が下りず、警報音もならずに電車が通過した
  • けが人はなし
  • 通過したのは始発の1本
  • 次の列車が気が付き踏切の手前で停止
  • 20日の朝にかけて信号工事が行われていた
  • 遮断器が作動しない設定を戻し忘れていた
  • 始発の電車は工事の遅れから約15分遅れで運行していた
  • 上下23本が運転を取りやめ約5000人に影響

踏切の場所

場所は兵庫県明石市の山陽電鉄東二見駅〜魚住駅間の5つの遮断器と報じられています。

インターネット上の反応

yyy*** | 15時間前
故障だけでなく、こういう人為的ミスもありうるからやはり一時停止は大切ですね。もちろん踏切の先が詰まってる場合もあるからという理由もありますが。

手ぶら親父 | 15時間前
あってはならないミスです。
事故がなくて良かった︎
ウッカリなのか、仕事が忙しすぎてのミスなのか、労働状況もしっかり調査して見直して欲しいと思います。

mim***** | 2時間前
渋滞もいとわず踏切であんなに厳密に一時停止する国はほとんどない。しかも世界に類を見ないほど正確に列車が運行する日本で。それでも危ない時はあるのだから、一件も事故を起こさないためにはドライバーも含めて全員が油断なく過ごす必要があるのですね

nao***** | 4時間前
普段から一時停止は必ずするけど、こんな事案を見ると、一時停止の意味を再確認しますね

was***** | 2時間前
だから「一時停止」は励行しないといけない。
昔友人が言っていたことを未だに思い出す「命が惜しけりゃ、踏切は必ず止まれ」って。
本来青信号だって、左右の通行を確認して通過なんですよね。

sig***** | 2時間前
終車後の夜間作業は時間との戦いだからミスが発生しがちです。
そのために最終確認が普通は2重3重の確認で行われるはずなんですが
忘れたり省略するのが実在します。
運輸指令に最終確認をせずに現場作業員が引き上げてしまい
駅側係員(自分)が依頼されて安全確認をしたことが複数回あります。
他には線路で使用する台車がいつの間にか動き出して一人旅状態。
残存数を確認せずに作業終了で始発電車がそれと接触して止まったなんて
軽度の事故もありましたね。
当然ながら本当の理由は外部には明かしてません。

pek***** | 2時間前
どの業種に限ったことではないが、最低限安全に関することは、ちゃんとチェックリストを作って、一つ一つ確認していくべきでしょうね。ほんど事故がなかったからよかったようなもので、最悪のケースもあったわけだし。

kat***** | 14時間前
自動車関連ライターで、

『遮断機降りないで通過する列車なんて無い』

と書いた輩がつい最近いたけど、このニュースを目にして、自身の愚かさ加減を反省して欲しいですわ(。-ω-)

has***** | 14時間前
運転士も気づかなかったのか?遮断器が降りてないなら踏切動作反応灯が点滅していないはす。
点灯の確認を怠っていたな

BAD****** | 2時間前
ありえない、人的ミスが起きるシステム自体が危険だと思います、人間のミスは無くならないし、踏切は左右の確認がほぼ出来ない、万が一に備えて、せめてミラーの設置で電車の往来を確認出来たら安心感が持てると思う

スポンサードリンク
スポンサードリンク