中学卒業式で事故生徒の両親の出席拒否 理由はなぜ?大分岩田学園

大分の私立中学校で、体育の授業中に倒れ亡くなってしまった柚野凜太郎さんの両親が、今年3月に行われた卒業式の出席を拒否されていたことが分かりました。これだけ聞くとひどい話のようですが、詳しくはどういうことなのでしょうか。

スポンサードリンク

シャトルランで意識を失う

(↑Youtubeが自動的に再生され音声が流れます)

問題となっているのは大分県にある学校法人岩田学園の岩田中学校です。

事故の経緯をまとめます。

  • 2016年5月13日
  • 体力測定としてシャトルランが行われた
  • 当時中学3年生だった柚野凜太郎さんの異変に教員が気がつく
  • 止めさせようとした時、柚野凜太郎さんは意識を失って倒れてしまう
  • 教員はまず事務室に行き救急車を要請
  • 体育館に戻って心臓マッサージを試みる
  • 別の教員がAEDを持ってきて電気ショックを与える(倒れてから約6分後)
  • 心肺は停止状態のまま、到着した救急車で病院へ搬送される
  • 一時、柚野凜太郎さんは意識を回復させる
  • しかし2日後に…

現在の中学校で行われるシャトルランは、20メートルほどの区間をだんだん早くなるリズムに合わせて往復するもので、かんたんに言えば持久走で、体力を測るものです。

おそらく頑張りすぎてしまったのでしょう。

これの事故に関して柚野凜太郎さんのお父さんは

  • 教員が一時体育館を離れてしまったこと
  • AEDが体育館になかったこと
  • 事故は予測できたのではないかということ

など、危機管理体制や、事故防止のための対策が取られておらず、柚野凜太郎さんの命は救える命だったのではないか、と話しています。

こちらは柚野凜太郎さんのご両親が書かれているページです。

他の生徒によると柚野凜太郎さんは倒れるかなり前のタイミングで様子がおかしかったということです。

たしかに、その時点で止めておけばこのようなことにはならなかったかもしれません。

また救急車や応援を呼びに行くのも教員自らでなく、他の生徒に頼み、自身は柚野凜太郎さんの救護にあたるべきだったかもしれません。

学校側からは事故原因について特別なことは語られていないません、学校としてはどのように捉えているのでしょうか。

卒業式への出席拒否

そして今年3月磐田中学校でも卒業式が行われました。

柚野凜太郎さんも、卒業するはずだった卒業式です。

しかし、柚野凜太郎さんの両親は卒業式に出席することを学校側に拒否されてしまいます。

理由は「本校の保護者ではないから」ということです。

本当にそれが理由だとしたらひどい話ですよね。

さらに、文部科学省の『学校事故対応に関する指針』には

(被害児童生徒等が死亡した場合)

被害児童生徒等の保護者の意向も確認し,卒業式への参列等も検討する。

引用:学校事故対応に関する指針

と記されているように、卒業式への参列も当然できると読み取れます。

たしかに指針であるため法律的な強制力はないですが、従うべきものではないでしょうか。

スポンサードリンク

保護者の方は当日卒業式に向かう

出席は拒否されていましたが、卒業式当日、柚野凜太郎さんのご両親は卒業式に向かいました

しかし、校門を通してもらうことができず、またその際に理由を伝えてもらうこともできず、ご両親は門の外から体育館を見つめることしかできなかったということです。

柚野凜太郎さんの席は用意された

ご両親は参加できなかった卒業式ですが、柚野凜太郎さんの席は用意され、名前も呼ばれていたということです。

おそらくクラスメートや友人の強い働きかけがあったおかげでしょう。

柚野凜太郎さんの名前が呼ばれた際にはクラスメート全員で返事をしたということです。

さらに後日、柚野凜太郎さんの自宅には卒業証書が郵送され、そこには学籍番号も明記されていたということです。

学校としては柚野凜太郎さんを終了者、卒業者として認めているということでしょう。

ではなおさらなぜという気持ちがわきます。

ここまで頑なにご両親の出席を拒んだ理由は何だったのでしょうか。

第三者委員会による事故原因の調査中

現在この事故は第三者委員会が事故原因の調査中ということです。

もう1年にもなるのでそろそろ結論が出ていてもいいとは思いますが、まだなんですね。

責任の所在や過失などがはっきりとしていないため、学校の責任を問うご両親を参加させなかったことは考えられます。

その中で、柚野凜太郎さんの名前が呼ばれ、卒業証書が出た理由は、学校内でも意見が別れていたのではないでしょうか。

  • せめて名前を呼んでやりたい
  • 卒業証書を与えたい

関わった教員であればそう思うのも当然だと考えます。

ご両親は学校側に卒業式に参加できなかった理由を尋ねているものの、担当者不在ということで全く取り合ってもらえていないということです。

まとめ

学校側はどこまでのことを柚野凜太郎さんに対してするつもりだったのでしょうか。

HP上の学校だよりを見ても、事故のあったことも、その後の経過も見つけられませんでした。

まるで何事もなかったように。

最初は卒業式の出席拒否も、ただ出席拒否にすればそれでおさまると思っていたのかもしれませんね。

しかし予想外なことに話は大きくなってしまい、生徒や一部の教員の気持ちが動かされたのでしょうか。

そして、ご両親の出席は認めないけど、柚野凜太郎さんの名前は呼び、卒業証書も渡されたという不思議な形になったのかもしれません。

それでももやもやが残ってしまいますね。

できればご両親にも参加してもらいたかったです。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする