静岡清水 小学校で早朝の不審火..場所や被害と画像は?鍵が空いていた

2月8日早朝、静岡市の小学校で足拭き用のマットなどが燃える火事がありました。

火はすぐに消し止められ、けが人はありませんでした。

警察は近くに火の気のないことから不審火の可能性もあるとみて調べています。

事件があった場所

事件があったのは静岡市清水区庵原町の清水庵原小学校とされています。

事件の経緯

報じられている事件の経緯をまとめます。

  • 2月8日午前5時頃
  • 静岡市の小学校
  • 校舎内で火が出る
  • 新聞配達員が発見し119番通報
  • 火は発見から約10分後に消し止められる
  • 北校舎の1階に干してあった
  • 足ふきマットやカーテンの一部が燃える
  • けが人はなかった
  • この教室には直接外に出られる扉がある
  • この扉の鍵が開いていた
  • 前日7日に職員が見回りをしたときには鍵がかかっていた

朝5時ということは、たしかに不審火の可能性が高いですね。

ただ鍵が空いていた理由はなぜなのでしょうか。

鍵は、ツマミが内側についているはずのものなので、どこかから入り、ツマミを開けて外に出ていったと考えられます。

小学校は警察に被害届を出すことを検討しているということです。

また警察は、不審火の可能性もあるとみて、詳しい原因を調べています。

静岡市の小学校でぼや

 8日朝早く、静岡市清水区の小学校で足拭き用のマットなどを焼く火事がありました。

けが人はなく、火はすぐに消し止められましたが、教室に火の気がないことなどから警察は不審火の可能性もあるとみて調べています。

8日午前5時ごろ、静岡市清水区庵原町の清水庵原小学校で、校舎の中で火が出ているのを新聞配達員が見つけて消防に通報しました。

警察や静岡市によりますと、火は発見から約10分後に消し止められましたが、北校舎の1階の教室に干してあった足を拭くためのマットやカーテンの一部が焼けたということです。

けがをした人はいませんでした。 小学校によりますとこの教室には直接外に出られる扉があり、7日夕方に職員が見回りをしたときは鍵がかかっていましたが、8日朝は開いていたということです。

小学校では警察に被害届を出すことを検討しているということです。

警察は教室に火の気がないことなどから不審火の可能性もあるとみて詳しい原因を調べています。

引用:静岡市の小学校でぼや|NHK 静岡県のニュース

シェアする

フォローする