仙台 タクシー強盗の発生場所やドラレコ映像と特徴は?どこに逃げた

12月1日夜、宮城県仙台市でタクシー強盗があり、およそ1万円を奪って逃げているということです。

これに伴いドライブレコーダーの映像が公開されています。

ドライブレコーダーの映像と犯人の特徴

逃げたタクシー強盗の捜査のため、ドライブレコーダーの映像が公開されています。

犯人の特徴は

  • 20歳〜30歳位
  • 身長170センチ位
  • ニット帽
  • 黒縁メガネ
  • 黒っぽいジャンパー
  • 白っぽいズボン
  • 白っぽいリュックサック

ということです。

事件のあった場所

タクシー強盗が発生した場所は、仙台市宮城野区榴岡の、JR仙台駅から東へおよそ500メートルの路上と報道されています。

また、男がタクシーに乗車したのは仙台市の隣の多賀城市だったということです。

仙台中心部でタクシー強盗

 1日夜、仙台市中心部で、タクシーの乗客の男が運転手の男性にカッターナイフのようなものを突きつけ、現金およそ1万円を奪って逃げました。 警察は、強盗事件としてドライブレコーダーの映像を公開して、逃げた男の行方を捜査しています。

1日午後8時ごろ、仙台市宮城野区榴岡の路上で、客としてタクシーの後ろの座席に乗っていた男が、タクシーを止めさせたあと、63歳の男性運転手の首にカッターナイフのようなものを突きつけ、「金を出して」と脅しました。 運転手が売り上げの中から現金およそ1万円を出すと、男はそれを奪って徒歩で逃げたということです。 運転手にけがはありませんでした。

警察は、タクシーのドライブレコーダーに映っている容疑者とみられる男の姿を公開して行方を探しています。

現場はJR仙台駅から東へおよそ500メートルの路上で、警察によりますと、逃げた男は仙台市の隣の多賀城市で乗車したということで、20歳から30歳ぐらい、身長1メートル70センチほどで、ニット帽と黒縁の眼鏡をかけ、黒っぽいジャンパーを着て白っぽいズボンをはいており、白っぽいリュックサックを持っていたということです。 警察は、強盗事件として逃げた男の行方を捜査しています。

引用:仙台中心部でタクシー強盗|NHK 東北のニュース

シェアする

フォローする