博多高校の暴行生徒は逮捕!経過と学校の対応は?被害先生が謝罪?

【追記】

ツイッターの方は「釣り」だったようです。

ツイッター関連内容は削除しました。

【追記】

報道によると、学校は「度を過ぎた暴力」と判断し被害届を提出し、

問題の生徒は傷害容疑で逮捕されたということです。

【追記】

学校側は生徒による暴力行為と確認し、福岡県警に被害届を出すことを検討している。

引用:朝日新聞デジタル

調査の結果でしょうか、このように被害届を提出することを検討しているうということです。

検討…悩んでいるだけということでしょうか、それとも出す方向で考えているということでしょうか。

気になります。


博多高校で授業中に先生を蹴り飛ばした動画が拡散している件で、問題の生徒が反省するどころかツイッターで反撃を試みている様子です。

アカウントがなりすましなのかどうか、現段階でははっきりしていません。

しかし、本人だとしたら、自らの行為を棚に上げて、被害を訴えているだけの状況です。

問題のツイッターと出来事に対する学校側の説明もでてきました。

詳しく見ていきましょう。

ちなみに問題が起きた学校は博多高校で決まりのようです。

学校側が『間違いない」と認めている取材結果が報じられました。

スポンサードリンク

博多学園博多高等学校の言い分

各メディアの聞き取りに対しての学校の説明は

  • 動画の存在は29日の深夜1時ころに警察から伝えられた
  • 場面は高1の日本史の授業中
  • タブレットで動画を見ていた生徒を先生が注意
  • タブレットは学校で皆で買っているもの
  • 先生は23歳の新任教師
  • 生徒が動画鑑賞を止めないため先生が取り上げる
  • 生徒が取り返そうとした場面
  • 生徒は普段から粗暴な性格
  • 先生にケガはない
  • 被害の先生の意向で被害届は出さない
  • 生徒には事情を聞き場合によっては処分を検討

というものです。

前後関係の要らないもの(動画)が上がっていますし、処分妥当ですよね。

またインターネット上の情報の中には、すでに問題を起こしていたことがあり退学リーチだったというものもありました。

インターネット上ではすでにこのような動画も出回っています。

この画像が本物だとすると、投稿者(撮影者)の方が心配になってしまいます。

学校側の十分な措置を願います。

本当のところはどうなのか

学校側の説明を聞くと、本当なのか?と思ってしまう部分があります。

当然問題を大きくしたくはないはずですが、妙に言葉を選んでいる様子です。

特に生徒が先生に詰め寄った件については

教師が授業中にタブレットを取り上げた。これに生徒が激高し、動画のような暴行を振るったという。

引用:Yahoo!ニュース

ということですが、動画の印象からは「激昂し」という感じは受けません。

むしろ、当たり前に取り返しにいっていますよね。

最期に蹴り飛ばした部分では「激昂し」ともとれますが、これはタブレットを取り上げられたことよりも、

  • 取り返そうと思ったら先生に思わぬ反撃(無視)を受けた
  • みんなの前で恥をかかされた

ことが原因のような気もします。

先生が反省している?

学校にご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ない

引用:ねとらぼ

被害にあわれた先生はこうおっしゃっているそうです。

正直これもどこまで本当か分かりませんが、

謝るのは

  • 動画で暴力を振るった生徒と
  • こういう事態に発展させた学校側

でしょう。

「体罰はダメだと言ってきたが、逆のケースはあまりない。適正なネット利用についても指導していきたい」

引用:朝日新聞デジタル

これは副校長によるコメントです。

「あまりない」→ある・ないで言えば「ある」のに「想定外」など、ツッコミどころはありますが、むしろ想定しなければいけない事態だと考えます。

先生によれば恐怖を感じて教壇に立っている方も多くいるのではないでしょうか。

保護者からのクレーム対策には生徒を一番に考えることは重量だと思いますが、その分先生方のことが蔑ろにされている様子も感じ取れます。

まとめ

全国的に問題を抱えている学校は多くあるのでしょう。

学校も先生も生徒についてもです。

時期は年度の後半で、中3が志望校選びを本格化させるころです。

悪いイメージを払拭するためには

粗暴な生徒、周りの迷惑になる生徒は退学させる

こういった処分が必要でしょう。

でないと信用できませんよね。

ツイッター上である動画が話題になっています。 ゆーきゃん(@sol_yuuga)さん | Twitter こちらにあ...

動画のキャプチャー等はこちらの記事でご確認ください。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする