選抜高校野球が雨天順延 チケットや宿泊はどうする?今後の天気は?

第89回春の選抜高校野球大会の第3日目 3月21(火)の試合は雨で22日(水)へ順延となってしまいました。以降の試合日程やチケットはどうなるのでしょうか。

スポンサードリンク

春の選抜高校野球 今後の日程

春の選抜高校野球大会は3日目の順延により、以降すべての日程が1日ずつ後ろにずれ、決勝戦・閉会式が3月31日(金)となる予定です。


再び順延となり決勝は4月1日(土)となってしましました。

この順延が分かっていたら福岡大大濠のエース三浦投手が準々決勝も投げていたかもしれませんね。

事前にわかるはずはありませんが。


あくまで予定です。

つまり、また雨が降るかもしれません!

日程と対戦カード、試合結果につては以下のページにまとめてあります。

ところで順延となった場合、チケットや応援する人の宿泊はどうなるのでしょうか。

チケットの取扱

チケットは毎日新聞選抜高校野球大会のチケット「入場券について」のページで説明がありました。

まとめると、

  • 1試合でも成立したら払い戻しはなし
  • 1試合も成立しなかったら翌日使用可
  • 払い戻しは中止日当日に限る
  • 払い戻し場所は阪神甲子園球場窓口
  • 開会式終了後、1試合目が成立しなかった場合は翌日使用可
  • こちらは払い戻しなし

ということです。

つまり3月21日(火)のチケットの払い戻しを希望する場合は、3月21日(火)中に阪神甲子園球場に出向かないといけないわけですね。

ただもし余裕があれば翌日しっかり応援していきたいですよね。

ところでその場合の宿泊施設等はどうなるのでしょうか。

応援の人の宿泊はどうする?

一大イベントとして学校総出で応援するパターンも有るかと思います。

そういう場合はかなりの人数になるのですが、万が一順延となった場合には

  • 帰れる時間があれば帰る
  • 京都に宿泊する

というパターンがあるそうです。

帰るパターンは、帰ってもまた来られるほど甲子園球場に近く、宿泊するよりも費用がかからない場合に採られるそうです。

京都に宿泊するパターンは、修学旅行の地 京都には多数の宿泊施設があり、大勢の生徒を収容するだけの施設数があるという理由だそうです。

確かにそうですよね。

関東出身のわたしの印象は「京都=修学旅行」です。

ちなみにこういう場合も想定して、学校側は万が一の場合の費用負担も、事前に家庭にお願いしているそうです。

では一般応援者はどうするのでしょうか。

ツアーなどの説明を見てみると

「順延などの場合希望者は現地に残る」

とされています。

自分で宿泊施設を探せということですね。

個人でならば少ない人数のはずなので、難しくもないでしょう。

学生と同じように京都に行っても良さそうですね。

スポンサードリンク

3月22日(水)以降の甲子園の天気

引用:天気図 – 実況天気図 – Yahoo!天気・災害

春の天気と言えば高気圧と低気圧が交互にやってきて周期的に変わるものですよね。

順延後の天気はどうなるのでしょうか。

この雨が続いたり、再び雨が振りそうな日はあるのでしょうか

天気予報

3/22(水) 晴れ 1日中晴れ

3/23(木) 晴れのち曇り
3/24(金) 曇り 1日中曇り
3/25(土) 曇り時々晴れ

3/26(日) 曇り 1日中曇り
3/27(月) 曇り時々晴れ
日中は晴れ
3/28(火)
日中は小雨
準々
決勝
3/29(水) 晴れ 1日中晴れ 休養
3/30(木) 準決
3/31(金) 決勝

25日の第1試合までは1回戦、第2試合目以降は2回戦です。

本当に変わりやすい天気ですね。

今のところ危なそうなのは28日(火)でしょうか。

しかし、甲子園球場は水はけの良いグラウンドだそうです。

小雨くらいだったら実施するでしょう。

まとめ

雨などのイレギュラーがあるとスケジュールの管理が難しくなってしまいます。

しかしそれ以上に高校球児たちへの影響のほうが大きそうですよね。

コンディションを整えたり、緊張しすぎてしまったり…

3日目以降も白熱の試合を期待します。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする