台風22号サオラーは今どこ?進路予報と名前の由来!11月は珍しい?

先週は台風21号が衆議院選を襲い、大変な週末でしたが、今週も台風22号が発生し週末襲来の可能性が出てきました。

台風22号「サオラー」は今どこに?

まずは進路予報を確認します。

気象庁の発表によると

引用:気象庁 | 台風情報

となっています。

場所は日本の南、フィリピンの東で遠くにあり、

移動速度も以前の予想と比べかなり遅いですね。

中心気圧は975ヘクトパスカルということで、分類としては強い台風とされています。

これを見る限り週末の上陸はなさそうですが、今後発達していくのでしょうか。

最新の情報は気象庁のホームページで確認できます。

名前「サオラー」の由来

進路予報・勢力の他に気になるといえば「サオラー」の名前の由来ですよね。

いわゆる台風のアジア名だと思うのですが、調べてみると

  • ベトナムが命名:Saola
  • 読み:サオラー
  • 意味:ベトナムレイヨウ

だそうです。

ところで、「サオラー」も「ベトナムレイヨウ」も一体何のことでしょう。

幻の哺乳類「サオラー」がかわいい

引用:カラパイア

引用:WWFジャパン

どうやらサオラーは極めて数の少ない哺乳類のようです。

どれくらい希少かというと

  • 1992年(25年前)に発見されたが
  • 生きた姿は1999年、2013年に確認されたのみ
  • レッドリストの絶滅寸前に分類されている

というほどで、まさに幻の哺乳類ですね。

見つかったのはラオスの森の奥だそうです。

見た目は鹿に似てる気がしますが、尖った長い角と顔の模様が特徴でしょうか。

分類としてはウシ科ウシ亜科サオラ属に属するようです。

遺伝的にはウシに近いのですね。

日本が付けた名前は?

台風のアジア名は全部で140種類あり、台風委員会の加盟国がそれぞれ10種類の名前を出し合っています。

そして今回の「サオラー」はちょうど140個目で、次の台風からは再び1番「ダムレイ(牛・カンボジア)」に戻る予定になっています。

ところで気になるのが、日本が命名した台風名のセンスです!

紹介すると

  • テンビン「てんびん座」
  • ヤギ「山羊座」
  • ウサギ「うさぎ座」
  • カジキ「かじき座」
  • カンムリ「かんむり座」
  • クジラ「くじら座」
  • コグマ「コグマ座」
  • コンパス「コンパス座」
  • トカゲ「トカゲ座」
  • ハト「はと座」

の10個でした。

なぜ星座なのか、そしてこのチョイスの理由は?など疑問に思いますが、

  • 台風はマイナスのイメージがあり、企業名などに使われにくいものにしている
  • 害が大きくならないよう名前に願いを込めている

とも言われています。

それでもなぜ星座なのかという疑問は続きますが…

ちなみに「ハト」の名前は以前は「ワシ」が割り当てられていました。

しかし2011年の台風21号「ワシ」が甚大な被害をもたらしたことから、その名前を再び使わないように「ハト」の名前が付けられました。

同様の出来事が「コグマ」にもあり、以前の名前は「コップ」(2015年の台風24号で引退)だったそうです。

台風が自然災害であることを考えると、区別のためとは言え安易に名前はつけられませんね。

11月台風は珍しい?

ところで時期はもうすぐ11月です。

台風は夏の終わり頃というイメージがありましたが、ほぼ冬の11月にも来るものなのでしょうか。

以前の台風を確認すると

1990年11月30日 台風28号 和歌山県に上陸

と、ほぼ12月のものがありました。

ただ、28号と数字も大きいので例外的なものなのでしょう。

通常10月以降の台風の上陸は5年に1度という程度で多くはありません。

10月以降の台風の特徴は

  • 涼しいため海上の水蒸気が少なく発達しすぎない
  • そのため上陸時には風台風にはなりにくい
  • しかし日本付近にはすでに前線があることが多い
  • 大雨を降らせる台風になる可能性が大きい

というものだそうです。

過去には数十人規模での死者を出していることも複数回あるようです。

たしかに先日の台風も記録的な大雨を降らせています。

夏の台風以上に注意が必要かもしれません。

サオラーが来るのは週末から来週月曜あたり

気象庁の台風情報を見ると、台風22号「サオラー」は土曜に沖縄にかかり、日曜、月曜当たりで本州に上陸するくらいでしょうか。

現時点では「強い」に分類されていますが、今後発達する可能性もあります。

10月の台風では大雨に注意をしないといけないことが分かりました。

先日の台風で前線が連れ去られたとも言われていますが、再び雨が降っています。

油断はできませんね。

今回は台風22号の進路予報とサオラーという名前の由来、10月11月の台風について確認しました。

最後までご覧いただきありがとうございます。

シェアする

フォローする