さいたま市緑区の事故現場はどこ?原因は左折…小学5年生がダンプに

11月9日の夕方、さいたま市の国道の交差点で、小学5年生の男児がダンプカーにはねられ死亡しました。

男児の名前は塩士貴大くん(11)。

塩士貴大くんは左折してきたダンプカーにはねられ、頭を強く打っており、病院に運ばれましたが1時間後に亡くなっています。

ダンプカーを運転していたのはさいたま市自営業の政二修容疑者(54)で、過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕され、現在は過失運転致死の容疑で捜査が進んでいます。

事故の通報は政二修容疑者によりされました。

スポンサードリンク

現場の場所や画像

事故現場はさいたま市緑区東浦和の国道の交差点とされています。

地図

画像

現場の様子を見ると、歩道もありそこまで狭い道路でも無いようです。

事故の様子

事故を起こしたのは

  • 政二 修(まざじ おさむ)容疑者
  • 54歳
  • さいたま市
  • 自営業
  • 現行犯逮捕されている

そして被害に遭ったのは

  • 塩士 貴大(しおじ ひろたか)くん
  • 11歳
  • 小学5年生

と報道されています。

事故の様子は

  • 11月9日午後4時半頃
  • さいたま市緑区東浦和の国道の交差点
  • 塩士貴大くんは横断歩道を渡っていた
  • 左折してきたダンプカーにはねられる
  • 頭を強く打ってしまう
  • 政二修容疑者の110番通報
  • 病院に搬送されるも1時間後に死亡

というものでした。

政二修容疑者は現行犯逮捕され「ひいてしまった」と容疑を認めているということです。

大型車の左折による小学生の死亡事故が頻発している印象です。

狭い通りなどは特に注意したいですが、いつも大人がついているとは限りません。

注意を促していかないといけませんね。

内輪差による事故を防止する

まずは横断歩道ギリギリには立たないことが必要ですね。

インターネット上での反応

こぶたぬきつねこ | 15分前
歩車分離式信号だったら防げたかもしれません。こちらも待ち時間が長くなるなど問題点がありますが、子を持つ親、老親を持つ子の立場からすると、歩車分離式信号が普及して欲しいと思います。

sak***** | 27分前
もちろん一時停止無視とか、不注意とか、過失はあるのでしょうけど、自分で通報して救助をしようとしているし、飲酒や薬物でもないし、となると、最近の事故と比べてまだマシだ。
男の子が助かれば良かったのに…ご冥福をお祈りします。

aya***** | 40分前
いたたまれません。
交差点でひかれてしまうなんて…

明らかな過失は別として、死角や注意力を補うなにかを然るべき立場の人達が行わなければこの手の事故はなくならないと思います。

例えば子供向けであればハザードマップ、交通安全教室など、車両には死角を補う装置カメラやセンサーなどの設置など

rn***** | 40分前
突然子供を亡くす親子さんの気持ちを思うと
たまりません。
子供達に、右左だけではなく、
斜め後ろから車が来てないか確かめて
横断歩道を渡るよう教えることが大切ですね。

画像引用: Yahoo!ニュース

スポンサードリンク

シェアする

フォローする