神奈川相模原の高校 野球部顧問の教師がわいせつ処分..場所や内容は?

12月27日、神奈川県の県立高校教師が、女子生徒を抱きしめるなどのわいせつ事案で懲戒処分となりました。

懲戒処分となったのは相模原市の県立高校の教師で、野球部の顧問ということです。

また、処分と同日付で依願退職をしています。

神奈川県の教育委員会は教師によるわいせつ事案が相次いでいることを受け「非常事態」だとして、児童や生徒とのSNSのやり取りを禁止を改めて周知するなど、再発防止に努めるということです。

懲戒処分となった男性教師について

懲戒処分となったのは

  • 40代
  • 相模原市の県立高校教師
  • 野球部顧問
  • 停職6ヶ月の懲戒処分
  • 依願退職した

ということです。

わいせつ事案の経緯

わいせつ事案について報じられていることをまとめます。

  • 2016年1月ごろから
  • 顧問を務める野球部の女子ママネージャーに
  • LINEで「抱きしめたい」などとメッセージ
  • 3〜4月ごろから校内で計10回抱きしめた

抱きしめたのは周りに人がいない場所だと予想されますが、女子マネージャーがそういった場所に10回も行っていることになります。

女子マネージャーはどう思っていたのでしょうか。

通常の交際であるなど事情があったことが予想されますが、校内はまずかったということでしょう。

教育委員会は

  • 非常事態
  • 児童や生徒とのSNSのやり取り禁止を周知する

としています。

そもそもSNSでのやり取りは禁止だったということなのですね。

わいせつ教員の懲戒処分相次ぐ

 神奈川県内の高校に勤務する男性教諭2人が、女子生徒を抱きしめたりキスをしたりしたとして、県教育委員会は27日、停職6か月の懲戒処分にしました。

県内では、わいせつ事案による教員の懲戒処分が相次いでいて、すでに昨年度1年間の件数を上回っています。

県教育委員会によりますと、相模原市内の県立高校の40歳の男性教諭が、去年から先月までに、顧問を務める野球部のマネージャーの女子生徒2人に、無料通信アプリLINEで、「好きだ」とか「抱きしめたい」などと何度もメッセージを送ったほか、授業の準備室で抱きしめたということです。

また、平塚市の県立高校の23歳の男性教諭は、ことし6月から先月にかけ、女子生徒1人とLINEでやりとりし、車の中で複数回、キスをしたということです。

県教育委員会は2人の教諭を27日付けで、それぞれ停職6か月の懲戒処分としました。 2人はいずれも依願退職したということです。

県によるわいせつ事案での懲戒処分は今年度は7件と相次いでいて、すでに昨年度の5件を上回っています。

教育委員会は「非常事態だ」としたうえで、児童や生徒とのSNSのやりとりの禁止を、改めて周知するなど再発防止に努めることにしています。

引用:わいせつ教員の懲戒処分相次ぐ|NHK 神奈川県のニュース

インターネット上での反応

tom***** | 36分前
昔から多かったんだと思うけど被害者が泣き寝入りせず訴えるケースが最近はかなり増えたんだろうね。

min***** | 35分前
そう、最近はこういうことが表立って出るようになっただけ
子供が言わなければ表に出ないし話題にもならない

wis***** | 32分前
数が増えたんじゃなくて告発が多くなっただけ

men****** | 38分前
ここまで多いと学校のトイレとかに隠しカメラとか設置されて
ないか抜き打ちで調査する必要があるね。

シェアする

フォローする