佐賀 城南中学校教諭が飲酒運転…場所や名前は?基準の3倍で泥酔状態

4月11日未明、佐賀県小城市で、中学校教諭が酒酔い運転の疑いで逮捕される事件がありました。

警察がだこ運転する車を呼び止め、検査をしたところ、基準値をの3倍を越えるアルコールが検出されたということです。

事件があった場所

事件があったのは佐賀県小城市小城町の県道とされています。

逮捕された犬尾亮介容疑者について

逮捕された容疑者については

  • 犬尾亮介容疑者
  • 29歳
  • 佐賀市立の城南中学校の教諭
  • 泥酔状態
  • 呼気1リットルあたり0.55ミリグラムのアルコール
  • 基準値の3倍以上
  • 10日は通常通り中学校で勤務していた

ということです。

事件の経緯

報じられている事件の経緯をまとめます。

  • 4月11日午前1時45分頃
  • 佐賀県小城市の県道
  • パトロール中の警察官が蛇行運転する車を呼び止める
  • およそ1.5キロ離れた先で停車
  • 呼気を調べると基準値の3倍以上のアルコールが検出
  • 10日は通常通り中学校で勤務
  • 午後7時半頃に学校を出た

平日の夜で、泥酔までしていたというのは、何か特殊な事情があったのかと思われてしまいますが、飲酒運転とは別問題です。

教育委員は、本人からは話が聞けていないということですが、

「学校教育に対する信頼を損ねることになり、大変申し訳なく思います。あす臨時の校長会を開き、2度とこのようなことが起こらないよう指導強化を促したい」

と話しています。

インターネット上での反応

yum***** | 4分前
事故が起こる前で済んで良かったけど、
だらしないんちゃうか、センセー!

sat***** | 35分前
今日は入学式だというのに、そんな時間まで酒飲んでしかも運転していたなんて、意識低すぎますね。

しん | 37分前
殺人未遂で立件出来るように速やかに法整備しろ。

m_k***** | 1時間前
佐賀県も田舎にくせに福岡と張り合いたいのかな

eku***** | 1時間前
29歳にして第2の人生ですか。
お勤めご苦労様でした。

酒酔い運転の疑い中学校教諭逮捕

11日未明、小城市の県道で酒に酔った状態で乗用車を運転したとして、佐賀市内の中学校の20代の教諭の男が、酒酔い運転の疑いで逮捕されました。

逮捕されたのは、佐賀市の城南中学校の教諭で、小城市に住む犬尾亮介容疑者(29)です。

警察によりますと、犬尾教諭は11日午前1時45分ごろ、小城市小城町の県道で酒に酔った状態で乗用車を運転したとして、道路交通法違反の酒酔い運転の疑いが持たれています。

パトロール中の警察官が蛇行しながら走る犬尾教諭の車を見つけ、およそ1.5キロ離れた先で車を止めて呼気を調べたところ、酒気帯び運転の基準の3倍を超えるアルコールが検出され、泥酔状態だったということです。

佐賀市教育委員会は11日、犬尾教諭の逮捕を受けて記者会見しました。

それによりますと、犬尾教諭は10日、通常どおり中学校で勤務し、午後7時半ごろ学校を出たということですが、どのような状況で飲酒したかなどについては、本人から話が聞けておらず把握していないということです。

佐賀市教育委員会の百崎芳子教育部長は「学校教育に対する信頼を損ねることになり、大変申し訳なく思います。あす臨時の校長会を開き、2度とこのようなことが起こらないよう指導強化を促したい」と話しています。

引用:酒酔い運転の疑い中学校教諭逮捕|NHK 佐賀県のニュース

シェアする

フォローする