大阪平野 23歳息子が両親を包丁で刺す..場所や原因、動機は?父親死亡

12月24日午前、大阪平野区の住宅で50代の両親が同居する23歳の息子に包丁で刺され、55歳の父親が死亡する事件がありました。

この事件で逮捕されたのは原孝佑容疑者で、容疑を認めた上で「詳しい動機は今は言えない」と話しているということです。

警察は殺人の疑いで調べを進めています。

事件があった場所

事件があったのは大阪市平野区加美北の住宅と報じられています。

引用:Yahoo!ニュース

逮捕されたの原孝佑容疑者

逮捕された容疑者については

  • 原孝佑容疑者
  • 23歳
  • 無職
  • 大阪市平野区加美北
  • 「自分が包丁で切りました」
  • 容疑を認めている

と報じられています。

また同居していた家族は

  • 原信介さん
  • 55歳
  • 父親
  • 溶接業
  • 顔などを切りつけられて死亡
  • 原歌子さん
  • 54歳
  • 母親
  • 意識あり
  • 病院で手当を受けている
  • 祖母
  • 消防に通報

ということです。

事件の経緯

報じられている事件の経緯をまとめます。

  • 12月24日ご縁8時半過ぎ
  • 大阪市平野区加美北の住宅
  • 「孫が包丁を持って暴れている」
  • 祖母が通報で警察が駆けつける
  • 3階で倒れていた父親と母親を見つける
  • 家からいなくなっていた原孝佑容疑者を捜索
  • およそ1時間後500メートルほど離れた東大阪市の路上
  • 自転車に乗っているところを発見し逮捕

原孝佑容疑者が路上ですぐに特定できた理由は、返り値を浴びた服装だったためでした。

祖母は事件のあった3階にはいなかったようですが、言い争う声を聞いていたということです。

そして原孝佑容疑者は「詳しい動機は今は言えない」と説明しています。

人を殺してしまうほどの言い争いとは、一体何があったのでしょうか。

警察は動機などを調べていく方針です。

大阪・平野区で23歳男が両親を刺し父親死亡 男逮捕

 24日午前、大阪市平野区で23歳の男が包丁で両親を刺し、55歳の父親が死亡しました。

男が殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されました。男は「自分が包丁で切りました」と容疑を認めているということで、警察は動機などを調べる方針です。

引用:大阪・平野区で23歳男が両親を刺し父親死亡 男逮捕(テレビ朝日系(ANN)) – Yahoo!ニュース

シェアする

フォローする