ビーチバレー会場から人の足?リオは五輪をやってる場合じゃない?

riodejaneiro_module_ttl_200
出典:財団法人日本オリンピック委員会

錦織圭選手の2016ウィンブルドンは4回戦を途中棄権で、ベスト16での終幕となってしましました。

左脇腹痛を押しての出場でしたが、

相手は世界ランキング13位のマリン・チリッチ選手(錦織選手は6位)と強敵です。

第1セットから4連続エースをとられるなど、ケガの影響は明白でした。

試合後「よく考えたら勝てるわけがなかった」と錦織選手らしいコメントをしていますが、

リオ五輪に話が及ぶと「あんまり出たくない」と出場に否定的なコメントも残しています。

先日もゴルフの松山英樹選手が出場を辞退するなど、リオ五輪の出場辞退が相次いでいます。

原因や、リオ五輪開催へ向けた現状を見ていきます。

スポンサードリンク

リオ五輪出場辞退の理由

リオ五輪出場辞退の主な理由

  • プロとしての試合スケジュールが厳しいこと
  • 五輪よりもプロとしての大会に重点を置いていること
  • ケガなど体調面の問題
  • ジカ熱
  • 治安問題

などとされています。

毎年のスケジュールに加えて五輪の大会が開催されるので、

選手の体力的負担は大きくなります。

また、選手や競技によっては五輪よりもプロとしての大会を重視するケースも見られます。

特にゴルフではその傾向が顕著で、

松山英樹選手を含め世界全体で10人以上がのトッププロが

出場を辞退しています。

しかし、その他でジカ熱のリスクや治安問題を理由に

出場辞退をしている選手もいます。

先日はリオ州が財政難で非常事態宣言を出すなど、

五輪開催そのものがピンチなのではないかという状況です。

出典:財団法人日本オリンピック委員会 6月17日、ブラジルのリオデジャネイロ州が、深刻な財政危機に直面していると宣言しまし...

現状はどうなっているのでしょうか。

五輪開催直前リオの現状

リオ州の非常事態宣言は現状を公表し、

緊急支援を得るための前向きなものだということです。

しかし、問題解決には程遠いのが現状でしょう。

治安問題

公立学校や警察、公立病院で働く公務員への給料の支払は依然遅れたままです。

wellcometohell
出典:ライブドアニュース

この写真はつい先日のもので、横断幕には英語で

「地獄へようこそ

警察も消防隊も給料をもらえていません

リオデジャネイロに来る人は安全ではないでしょう」

と書かれています。

先日は現地で練習中のる車椅子バスケットボールの選手が強盗にあったと報道がありました。

ビーチバレーの会場からは切断された人の足が見つかったそうです。

財政難により治安にかけられる費用が制限されている状況は続いているようです。

ジカ熱

ジカ熱はを媒介に感染する病気で、

妊婦がかかると赤ちゃんに障がいをもたらしたり、

ごくまれにギラン・バレー症候群を発症します。

風邪とよく似た症状のため、気が付きづらい面もありますが

ブラジルから帰りの高校生を含め、

日本人も複数の感染が確認されており、

病気は拡散をしている状況です。

しかし、南半球のブラジルでは五輪の時期はです。

つまり媒介する蚊が少なくなるため、

危険度は下がります。

また、ブラジルはジカ熱の発症件数が

ピーク時の今年2月(ブラジルは真夏)と比べ

5月中旬には1割に減少したと発表しています。

このペースでいけばリオ五輪開催中のジカ熱の発症は

50万人に1人と、かなり低い数字になると予想されています。

施設や交通渋滞

競技会場としては最も建設が遅れていた

「ペロドロドーム」が6月26日に完成しました。

すでに選手による試走も行われ問題ないということです。

問題だった交通渋滞解消のための準備では

メイン会場への主要交通手段となる

地下鉄4号線の整備があります。

現在8月1日の開通が予定されており、

こちらもすでに走行テストは実施されているそうです。

しかし、駅などは工事が遅れており、

安全性が疑問視されています。

また、路面電車(VLT)、バス高速輸送システム(BRT)の整備は

遅れたままということです。

地下鉄4号線は五輪期間中の利用は

チケットを持っている観戦者と大会関係者に限られるということです。

一般交通手段にするまでは手が回らないということでしょう。

緊急という印象が残ります。

リオ行きを考えている方はこちらの記事もご覧ください。

リオ五輪が開幕目前です! 選手も続々リオ入りし、現地での調整に努めていますが、 治安悪い!というよりも危険です! ...

まとめ

  • リオ五輪の出場辞退があいついでいる
  • 原因はスケジュールや体調面に加え、治安問題やジカ熱
  • リオ州の財政難は続いており、公務員への給料支払が遅れている
  • そのため十分な警備体制がとれておらず治安問題は残っている
  • リオ五輪に向けた会場建設はほぼ完了
  • 交通渋滞は地下鉄の開通は間に合いそうだが、安全面に不安

テニスはハードで、欠場するだけで世界ランクに影響してしまう競技です。

錦織選手がリオ五輪を欠場することになったとしたら、それはケガの治療のためでしょう。

しかし、治安問題を見ていると

リオに行くことが必ずしもいいこととは限らない気もしてきます。

また、このような記事もあります。

サッカーワールドカップやパンアメリカン競技大会など、

立て続けに国際大会が開催されているリオデジャネイロですが、

開発や発展を急ぎすぎ、

社会のゆがみのようなものが出てきてしまっているようにも思えます。

五輪大会の成功だけではなく、

五輪後、リオデジャネイロの都市が人々とともに発展していけるよう、

方策を考えていくことが大切ですね。

もちろん次期の東京五輪でも同じことが言えるでしょう。