リオ五輪男子400mリレー決勝の放送予定!改良型アンダーハンドパス

rio1608190041-p3
出典:http://www.sankei.com/rio2016/photos/160819/rio1608190041-p3.html

陸上日本代表がリオ五輪男子400mリレーで決勝に進出しています。

予選での400mのリレータイムは37秒68。

これは直前に中国が更新したアジア新記録(37秒82)を更に上回るもので、ジャマイカを上回り全体の2位の記録です。(1位はアメリカで37秒38)

北京五輪以来のメダルに期待がかかりますね。

リオ五輪男子400mマラソンの放送予定と出場選手、日本が得意とするバトンパスの新技術についてまとめました。

予選の動画を紹介しておきます。


【8/21追記】

日本代表は銀メダルを獲得しました!

おめでとうございます!

スポンサードリンク

リオ五輪男子400mリレー放送予定

  • 日時:日本時間8/20(土)10時15分頃から競技開始予定
  • 放送局:NHK総合

女子棒高跳や、男子ハンマー投げの決勝と合わせての放送となっています。

日本代表選手

予選時 名前 年齢
第1走 山縣亮太
やまがたりょうた
24
第2走 飯塚翔太
いいづかしょうた
25
第3走 桐生祥秀
きりゅうよしひで
20
第4走 ケンブリッジ飛鳥
けんぶりっじあすか
23

各選手ツイッター

山縣亮太選手

決勝でもスタートダッシュに期待します。

飯塚翔太選手

スクリーンでは一番高い位置に日本の国旗がありますね。

桐生祥秀選手

100mは残念な結果に終わってしまいましたが、リレーで挽回してください!

ケンブリッジ飛鳥選手

再び一番前でゴールテープを切ってください!

スポンサードリンク

日本のバトンパス「改良型アンダーハンドパス」とは

日本は以前からアンダーハンドパスを練習してきました。

バトンパスには大きく分けてオーバーハンドパスとアンダーハンドパスとがあります。

オーバーハンドパス

  • 上からバトンをパスする
  • 渡す方も受け取る方も手を伸ばせるので、利得距離が長い
  • 受け取る姿勢が短距離走に向かず、加速がしづらい

アンダーハンドパス

  • 下から差し込むようにバトンパスをする
  • 手を伸ばさない姿勢になるため、利得距離が稼げない
  • 短距離走を走る姿勢に近いため、加速がしやすい
  • バトンの受け渡し距離が短いためバトンを落とす危険性が低い

このように、それぞれに長所と短所とがありました。

改良型アンダーハンドパス

  • 手を伸ばしてアンダーハンドパスをする

手を伸ばしてアンダーハンドパスをすることで、加速に適した姿勢を維持しつつ、利得距離を稼ぐというものです。

確かにバトンの受け渡しミスの危険は大きくなりますが、1回のバトンパスの利得距離が50cm増えるとして、3回のバトンパス合計では約0.15秒のタイムを縮められる計算です。

この新技術を武器に日本はリオ五輪リレーの決戦に挑みます。


最終盤で盛り上がる競技が来ましたね。

テレビ放送は他の陸上競技とともにNHK総合で8時15分から開始される予定です

日本のリレーを応援しましょう。