平昌五輪で浅田真央とキム・ヨナの共演?チケット余りが半端ない様子

仰天ニュースが報じられました。

韓国首相が2018年2月開幕の平昌五輪に際して

浅田真央さんのキム・ヨナとの共演を提案したそうです。

とりあえず韓国どうしてしまった?という感想ですよね。

そういえば、平昌五輪のチケットが余っているそうじゃないですか…

日本に頼るなんて、どれだけチケットが余っているのでしょうか。

スポンサードリンク

平昌五輪での浅田真央さんとキム・ヨナの共演

平昌五輪での浅田真央さんとキム・ヨナの共演は、韓国首相の李洛淵(イ・ナギョン)氏がJOCに対して提案しました。

ガーラ(エキシビジョン)をやりましょう、ということらしいです。

JOC=日本オリンピック委員会ですよね。

つまり韓国首相は本気みたいです!

そしてそれだけチケットが余っているということでしょう。

他にも

  • 来月開催の平昌五輪成功のための会議でJOCが協力すること
  • 安倍首相夫妻の平昌五輪訪問

が要請されています。

JOCの竹田委員長は具体的な回答は避けていますが

  • 出来る限りの支援を行う
  • 2002年のサッカーワールドカップの協力精神を生かし、成功を期待して協力していきたい

と伝えました。

韓国大統領もチケット販売のために尽力

日本に協力、それもよりによって浅田真央さんに頼るほどとは、韓国も相当焦っていますよね。

先日は韓国の文大統領が、平昌五輪のチケットを買う様子を動画でアップしています。

フィギュアスケートのチケットを買って

「2018年2月、あなたは誰とどこにいますか?わたしと平昌で会いましょう」

と、チケット購入を訴えました。

大統領が北朝鮮問題も大きくなっている中でそんなことやってる場合じゃないだろう

という批判もありますが、実際文大統領もウキウキでチケットを買ったわけではなくただのアピールですよね。

当初は「ワンピースのレイリー」似の渋いおじさんでしたが、先日は激務のせいで禿げてしまったなんていう報道もありました。

…逆にそれだけ売れてないんですよ。

スポンサードリンク

平昌五輪のチケットはどれだけ余っているのか

どうやらチケットの売れ行きは10月の段階で

目標の3割ほど

だそうです。

もともと107万枚の販売と約174億円の収入を目標としていたはずなので、

まだ70万枚以上、120億円以上が売れ残っているということになります。

原因は前大統領による五輪利権の不正疑惑で、国民がそっぽを向いてしまっていることと分析されていますが、そんなことは言ってられません。

韓国もあの手この手で売る手段をとっており、

文大統領のサインが刻まれた大統領就任の記念腕時計プレゼント

が打ち出されました。(まだ検討中で決定していません)

もちろん全てではないようですが、文大統領はかなりの人気のようで、原価4000円ほどながらネットオークションなどでは20万円ほどの価値となっているそうです。

時計を作るためにも当然お金はかかりますが…そのへんは偉い人がしっかり考えているのでしょう。

浅田真央さんを見てみたい

浅田真央さんのキム・ヨナとの共演については、日本と韓国の両方で拒否反応を表している方が多くいます。

2010年のバンクーバー五輪あたりからでしょうか、(一方的な感じがしますが)仲の悪さが目立ってきました。

しかし…

これらの写真を見ると考えてしまう部分もあります。

  • 本心は違うのではないか
  • 社会や政治が原因で洗脳的に変わってしまったのではないか

もしも浅田真央さんとキム・ヨナの共演が実現したら、関係がいい方向に変わっていくのではないか。

そう思ってしまい、実現してほしいなという気持ちにもなります。

変わってしまう決定的なきっかけは何だったのでしょうか。

平昌五輪成功のために

北朝鮮・施設・お金・チケットの問題が多く採り上げられています。

平昌五輪の成功的な開催のためにはもっと他国に頼るべきかもしれません。

かといって過剰な期待をするのもいけないと思いますが…

そしてチケット問題は深刻なようですね。

あと4ヶ月足らずの日数ですが、目標枚数を売り切る事はできるのでしょうか。

今回は、平昌五輪の開催に向けて、浅田真央さんのキム・ヨナとのエキシビジョン共演が検討されていることと、チケット問題について調べてみました。

最後までご覧いただきありがとうございます。

画像引用:Pinterest, KOREA.NET Mobile Site,,中央日報,人民日報