大阪から尼崎 元妻の息子を連れ去る..場所や状況と約束は?寝ている間

12月24日、元妻の自宅から息子を連れ去ったとして22歳の男が逮捕されました。

男は、「無断で連れ帰った訳ではなく、預かる約束だった」と容疑を否認しています。

事件があった場所

事件があったのは大阪市内の集合住宅とされているだけです。

逮捕された容疑者

逮捕されたのは

  • 22歳
  • 元夫
  • 運送業
  • 兵庫県尼崎市
  • 「無断で連れ帰った訳ではなく、預かる約束だった」
  • 容疑を否認

ということです。

事件の経緯

報じられている事件の経緯をまとめます。

  • 12月14日
  • 男が大阪市内の元妻(21)の家を訪れる
  • 元妻が眠っている間に息子(2)とともにいなくなっていた
  • 23日夕方、尼崎市の男の自宅近くの交番に元妻が相談
  • 24日未明に男の自宅で息子を発見

男は突然現れて息子を連れ去ったわけではないようですね。

男が、「無断で連れ帰った訳ではなく、預かる約束だった」と話しているとこを見ると誤解があったのでしょうか。

たとえば「23日まで」となると、23日の間なのか、23日が終わって24日になるのか、微妙なところではありますよね。

息子が家を出てから1週間ほど経っているので、ある程度の日数の間、男のもとに行く約束はしていたのでしょう。

息子には当然ですが、ケガはなかったということです。

元妻が眠った間に2歳の息子連れ去る 容疑で男逮捕

 元妻の自宅から息子を連れ去ったとして、兵庫県警尼崎東署は24日、未成年者略取の疑いで、尼崎市、運送業の男(22)を現行犯逮捕した。調べに対し、「無断で連れ帰った訳ではなく、預かる約束だった」と容疑を否認。息子にけがはなかった。

逮捕容疑は12月14日、元妻(21)と長男(2)が住む大阪市内の集合住宅から、長男を連れ去った疑い。

同署によると、男は14日に元妻宅を訪れ、元妻が眠った間に長男とともにいなくなっていた。元妻は、23日夕に男の自宅近くの交番に相談。同署員が24日未明に男の自宅で長男を発見した。

引用:神戸新聞NEXT|事件・事故|元妻が眠った間に2歳の息子連れ去る 容疑で男逮捕

シェアする

フォローする