大分中津 路線バスが電柱に衝突..場所や原因と被害は?事故現場の画像

12月25日の昼過ぎ、大分県中津市で路線バスが電柱に衝突し、乗客2人が顔を打つなどの軽いけがをする事故がありました。

この事故で、電柱が大きく曲がり、変圧器が故障したため周辺の15世帯で約2時間の停電となっていました。

現在警察は、バスを運転していた30代の女性がハンドル操作を誤ったと見て、事故の詳しい原因を調べています。

事故があった場所

事故があったのは大分県中津市三光臼木の国道212号と報じられています。

引用:Yahoo!ニュース

現場は片側1車線の見通しのよい直線道路ということです。

事故の被害など

この事故での被害は

  • 乗客の80代女性と女子中学生(10代)が顔をうつなどのケガ
  • 電柱を根本から大きく曲げ、付近の15世帯が2時間停電
  • 近くの美容院のフェンスをなぎ倒す

ということです。

事故の経緯

報じられている事故の経緯をまとめます。

  • 12月25日正午過ぎ
  • 大分県中津市三光臼木の国道212号
  • 中津駅方面に向かっていた「大光北部バス」の路線バス
  • 道路左側の縁石に接触
  • 反対車線に飛び出す
  • 右側の電柱に衝突

反対車線に飛び出しているということですが、対向してくる車や歩行者がいなかったため、被害が抑えられていたのでしょう…

現在警察は、バスの運転手がハンドル操作を誤ったとみて事故の原因を調べています。

【大分】路線バスが電柱倒し店舗敷地に突っ込む

 25日正午すぎ、中津市三光の国道212号で路線バスが電柱に衝突し近くの美容室のフェンスをなぎ倒しました。

事故当時、バスには高齢女性と女子中学生の2人が乗っていて顔を打つなどけがをしています。

現場は片道1車線の直線道路で警察は30代の女性運転手がハンドル操作を誤ったとみて詳しい事故の原因を調べています。

引用:【大分】路線バスが電柱倒し店舗敷地に突っ込む (OAB大分朝日放送) – Yahoo!ニュース

インターネット上での反応

tad***** | 24分前
小学校の真下やん!
冬休みで良かった

blu***** | 30分前
このカラーだと大分交通のようだけど、懐かしい色だね。

復刻カラーかな?

mak***** | 52分前
バス業界は、拘束時間が長く、退勤から出勤まで8時間、休日出勤等、事故が起きてもおかしくない勤務内容だから、事故が起きてもおかしくない。

シェアする

フォローする