にゃんこスターにわんこムーンて一体誰?何が面白いのか考察が深い?

引用:お笑いナタリー

みなさんは「にゃんこスター」さんをご存じですか。

「にゃんこスター」はコンビ名

スーパー3助」さんと

アンゴラ村長」さんによる

お笑いコンビです。

先日『キングオブコント2017』で決勝進出

優勝こそ逃したものの2位の成績を収めています。

名前からして不思議な感じですよね。

わたしは知らなかったので

どんなコンビなのかと思い検索してみると…

にゃんこスターはどこが面白いのか?

という記事がたくさんありました。

はたして動画を見ると…

「どこが面白いのか」の記事を読みまくる結果になってしまいました。

キングオブコント2017で披露したネタ

スーパー3助さんが男性の

アンゴラ村長さんが女性の

男女ユニットなのですね。

簡単にプロフィールを確認すると

スーパー3助さん

  • 1983年5月3日生まれの34歳
  • 放送芸術学院卒業後芸人活動を始める
  • 「3助」の3はネタの芸風からとっている
  • 3助軍団の師匠
  • わんこムーン」としても活動している

3枚目にオチが来る芸風なので「3助」なのだだそうです。

わんこムーン」も気になりますね。

こちらは「街裏ぴんく」さんとのユニットだそうです。

ぴんくという名前とアンゴラ村長さんのせいで

勝手に女性だと思ってしまいました…

街裏ぴんくさんとアンゴラ村長さん…逆でいい!

そして本物(?)のアンゴラ村長さん

  • 1994年5月17日生まれの23歳
  • 早稲田大学卒業!
  • ワタナベコメディスクール20期生
  • 「株式会社これから」の社員(2017〜)
  • 特技は縄跳びと工作

早稲田大学出身とは高学歴ですね。

大学時代から映画や演劇、お笑いの勉強をされていたそうです。

「株式会社これから」の社員ということですが

社員を続けながら活動をされていくようですね。

お二人のプロフィールがわかったところで

『キングオブコント2017』のネタに話を戻すと…

難しくありませんか?

途中松本人志さんがカメラに抜かれたときも

笑いたくないけど笑っちゃう

みたいな微妙な笑い方をされてましたよね。

一体どういうことでしょう。

「にゃんこスター」の面白さ

ネタが時代にマッチしすぎている

引用:ライブドアニュース

こちらの記事では『「時代のニーズ」が見えてくる』としています。

簡単にまとめると

  • 巧みなツッコミも笑いの精神もないが
  • ただただ明るくてスピーディー∂
  • 分かりやすい展開
  • 短時間理解
  • 真似しがい

が「時代のニーズ」ということで、

  • 超大作よりもスマホ→短時間理解
  • 真似しやすいものが話題→真似しがい
  • ブルゾンちえみや平野ノラの流れを汲む→縄跳びや直球の連続ツッコミ
  • やってみた系動画の需要→リズム系

なのだそうです。

また

「新しい」ということに高い評価がされる時代

引用:Yahoo!ニュース

と分析しています。

  • 貧乏な下積み時代を経験し
  • →コツコツ芸を磨いて売れる

ことが常識だったとした上で、

にゃんこスターのブレークは、ある種の閉塞感を打破する存在を実はみんなが求めていたという証拠なのかもしれません。

引用:ライブドアニュース

なるほど…?

つまりにゃんこスターを面白く感じない人は

ある種の閉塞感を感じていなかったと言うことなのですね。

………

かなり無理やり過ぎませんか?

ミニスカートに騙された?

松本は「王道(かまいたち)あっての変化球(にゃんこスター)だから。でも(にゃんこスターは)消える魔球だった。会場の空気がすごかった」と、話した。

引用:ORICON NEWS

『ワイドナショー』での松本人志さんのコメントです。

『キングオブコント2017』を振り返ってのものですが、

やっぱり、松本人志さんもうまく理解していないんでしょうね。

何が面白いのかを!

でも笑っていました。

確かに何かがあるのでしょう。

「時代のニーズ」?

と思っていたら

「俺と三村(さまぁ~ずの三村マサカズ)は(にゃんこスター・アンゴラ村長の)ミニスカートにだまされた」

引用:ORICON NEWS

というコメントも…

まぁ冗談でしょうけどね。

まとめ

とりあえず「にゃんこスター」が

一体何なのかが分かりました。

そしてどんな方々なのかも。

あとは何が面白いのかを理解するだけです。

『キングオブコント2017』2位の影響のようで

すでに出演依頼が殺到しているそうです。

「騙され」ないよう注意して見ていきましょう。