静岡沼津 トラックが車に衝突の事故..場所や原因は?タバコを吸おうと

3月10日早朝、静岡県沼津市で、大型トラックと乗用車が衝突し、乗用車を運転していた男性が死亡するじこがありました。

警察は、トラックの運転手を、前をよく見ていなかったとしてその場で逮捕しています。

現在警察は、事故の状況を詳しく調べています。

事故があった場所

事故があったのは鈴岡県沼津市原の国道1号線の、信号のある交差点で、片側2車線の道路で住宅や商業施設などが集まっている地域とされています。

乗用車を運転していた男性

乗用車を運転していたのは

  • 植松昭憲さん
  • 41歳
  • 静岡県函南町
  • 頭を強く打つ
  • 病院に運ばれるも死亡が確認

ということです。

逮捕されたトラックの運転手

この事故で逮捕されたのは

  • 三角則之容疑者
  • 54歳
  • 福岡市
  • トラックを運転していた
  • 「たばこを吸おうとよそ見をしていて前を見たら赤信号だった」
  • その場で逮捕

とされています。

事故の経緯

報じられている事故の経緯をまとめます。

  • 3月10日午前4時半ごろ
  • 静岡県沼津市の信号のある交差点
  • 右折しようとした乗用車
  • 直進してきた大型トラックが衝突
  • 「たばこを吸おうとよそ見をしていて前を見たら赤信号だった」

早朝で人通りは少なかったのかもしれませんが、トラックを運転しながら前方不注意は…

現在警察は、事故の詳しい状況を調べているということです。

沼津の国道で衝突事故 男性死亡

10日午前4時半ごろ、沼津市で大型トラックと乗用車が衝突し、乗用車を運転していた男性が死亡しました。

警察はトラックの運転手を過失運転傷害の疑いでその場で逮捕し、事故の状況を調べています。

10日午前4時半ごろ、沼津市原の国道1号線の信号のある交差点で、右折しようとしていた乗用車と直進してきた大型トラックが衝突しました。

この事故で乗用車を運転していた函南町の運転手、植松昭憲さん(41)が病院に運ばれましたが、頭を強く打つなどして死亡しました。

警察はトラックを運転していた福岡市の運転手、三角則之容疑者(54)が前をよく見ていなかったとして過失運転傷害の疑いでその場で逮捕しました。

調べに対して、三角容疑者は「たばこを吸おうとよそ見をしていて前を見たら赤信号だった」と話しているということで、警察が事故の状況を詳しく調べています。

現場は片側2車線の道路で、住宅や商業施設などが集まっている地域です。

引用:沼津の国道で衝突事故 男性死亡|NHK 静岡県のニュース

シェアする

フォローする