新潟長岡 同僚の女性宅に侵入し父親を切りつけ..場所や動機は?娘不在

4月14日深夜、新潟県長岡市で、21歳の会社員の男が同僚の女性の家に侵入し、居合わせた同僚の父親を包丁で切りつける事件がありました。

父親は頭や手などに切り傷があり、大けがを負っているということです。

男は殺人未遂の容疑で逮捕され、「間違いない」と容疑を認めているということです。

警察は、事件の詳しい経緯を調べています。

事件があった場所

事件があったのは新潟県長岡市の住宅とされています。

逮捕された容疑者について

逮捕された容疑者については

  • 岸本和也容疑者
  • 21歳
  • 会社員
  • 新潟県三条市西鱈田
  • 被害にあった男性の娘と同僚
  • 「間違いない」
  • 容疑を認めている

ということです。

事件の経緯

報じられている事件の経緯をまとめます。

  • 4月14日夜11時頃
  • 新潟県長岡市の住宅
  • 「侵入してきた見知らぬ男に包丁で切りつけられた」
  • 男性からの110番通報
  • 男性は頭や手などに傷があり、大けがをしていた
  • 警察は目撃証言などから男を割り出す
  • およそ2時間後
  • 男が三条市の自宅に戻ったところで逮捕
  • 男は被害にあった男性の娘の同僚
  • 事件当時、娘は留守だった

容疑を認めているということですが、男は同僚の父親を狙って、家に行ったのでしょうか。

現在警察は事件の詳しい経緯を調べているということです。

同僚の父にけが負わせた疑い逮捕

14日夜遅く、三条市の21歳の会社員の男が長岡市にある同僚の自宅に侵入し、居合わせた同僚の父親に包丁で切りつけて大けがを負わせたとして、殺人未遂の疑いで逮捕されました。

14日夜11時ごろ、長岡市に住む54歳の自営業の男性から「侵入してきた見知らぬ男に包丁で切りつけられた」と警察に通報がありました。

警察が調べたところ、通報した男性は頭や手などに切り傷があり、大けがをしていました。

警察は目撃証言などから侵入した男を割り出し、およそ2時間後、男が三条市の自宅に戻ったところで殺人未遂の疑いで逮捕しました。

逮捕されたのは、三条市西鱈田の会社員、岸本和也容疑者(21歳)です。

岸本容疑者は被害にあった男性の娘と会社の同僚ですが、事件当時、娘は留守だったということです。

調べに対し、岸本容疑者は「間違いない」と容疑を認めているということです。 警察は事件の詳しいいきさつを調べています。

引用:同僚の父にけが負わせた疑い逮捕|NHK 新潟県のニュース

シェアする

フォローする