奈良女子大 セクハラ提訴の内容や男性教授のコメントは?適応障害に

この件ではどうか分かりませんが、立場を利用したセクハラはまだまだありそうですね。

スポンサードリンク

「教授がセクハラ」適応障害に 奈良女子大、女性教員が提訴

 奈良女子大文学部の50代の男性教授からセクハラを受けて適応障害を発症したなどとして、学部内の30代の女性教員=京都市=が30日、男性教授に対し、慰謝料700万円を求めて京都地裁に提訴した。

訴状によると、女性は2015年9月、静岡県での野外実習に参加した際、宿泊先のビジネスホテルで男性教授から性的な関係を迫られた。その後も性的な表現を含むメールを何度も送られた、などとしている。女性は適応障害で約2カ月休職したという。同大学は11月、セクハラ発言を認定し、男性教授を厳重注意に相当する訓告処分にしている。

男性教授の代理人弁護士は「セクハラの事実は一切なく、訴訟で明らかにしたい」とコメントした。

提訴された「セクハラ」とは

訴えを起こしたのは奈良女子大学に勤める30代の女性。

セクハラ行為をしたとしているのは50代の男性教授です。

訴えによると

  • 一昨年屋外実習に参加した際に、性的関係を迫られる
  • 大学の構内でも繰り返し性的な言葉をかけたれた
  • 性的なメールを送り付けられた
  • 体調を崩し適応障害と診断
  • 2ヶ月の休職
  • 男性教授と離れるために職場の担当も変更しなければならなくなった

ということで、およそ770万円の損害賠償を求めています。

男性教授のコメントは

「訴状はまだ届いていないが、聞いているかぎりでは事実と異なる主張ばかりで困惑している。大学が実施した調査ではセクハラについて、『事実とは認められない』と認定されていて、むしろ男性教授の方が被害者だと思っている」

このように男性教授側は100%否認といった感じです。

ただ、学校側が「セクハラ発言を認定した」とする記事と「事実とは認められない」とする記事とが両方あるためよく分かりませんね。

「認められない」というのは教授のコメントだけなのでしょうか。

スポンサードリンク

インターネット上での反応

nat***** | 1時間前
教授にあらずば人にあらず
まさか
現代で

i***** | 1時間前
大学教授って一番、たちが悪いと思う。何をやっても許されると思ってる輩が多い。飲み屋でも嫌われるのは、大学教授&先生。

なんの役にも立たない能書き垂れて、そのくせ新幹線はグリーン、飛行機はビジネス。調子に乗ってるよ、ほんと。

こいつらも成果主義にしたらよい。

ake*****goaboutfacep | 1時間前
悪質な性犯罪は厳罰にしたらいい。
セクハラを訴えているなら証拠はしっかり提出しているのだろうしね。

ter***** | 2時間前
メールが証拠を物語る。
解雇でいいよ。エロじじい。

s***** | 2時間前
職場の力関係を利用して、交際や性的関係を迫るなら、アウト。

しかし、誘ってトライするぶんには、許してもいいんじゃないのか。

cor***** | 2時間前
職場の女性は異性だと思ったらあかん。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする