宮城仙台 タクシー強盗の場所や特徴とどこに逃げた?草刈り鎌で脅す

12月17日昼過ぎ、宮城県仙台市でタクシー強盗がありました。

運転手が従わなかったため強盗は何もとらず、タクシー料金を払わずに逃げました。

逃げた強盗の特徴は20〜30代、身長170センチくらい、白の帽子に白のマスク、上下白のジャージとスエットということです。

現在警察は強盗事件として逃げた男の行方を追っています。

事件があった場所

事件があったのは仙台市宮城野区の仙台栄郵便局近くと報じられています。

逃げたタクシー強盗

逃げたタクシー強盗の特徴は

  • 20〜30代くらい
  • 身長170センチくらい
  • 白い帽子
  • 白いマスク
  • 上下白のジャージとスエット

ということです。

白ずくめということですね。

また報道によれば、強盗はに向かって逃げたということです。

事件の経緯

報じられている事件の経緯をまとめます。

  • 12月17日昼の0時半頃
  • 仙台市若林区上飯田からタクシーに乗車した男
  • 目的として仙台市宮城野区の仙台栄郵便局を告げる
  • 目的地に近くなったところで
  • 「金を出せ」と草刈り鎌のようなもので脅す
  • 運転手(60代)が拒んだところタクシー代約3000円を払わず逃走
  • タクシー代が3000円ということは、ある程度乗っていたことがわかります。

この間に強盗をするかどうか考えていたのでしょうか。

現在警察は強盗事件として逃げた男の行方を追っています。

宮城野区でタクシー強盗

 17日昼すぎ、仙台市宮城野区で、タクシーに乗車していた男が降車する際に運転手に刃物を向け「金を出せ」と脅して乗車料金を支払わずに逃走し、警察は、強盗事件として逃げた男の行方を追っています。

17日午後0時半ごろ、仙台市若林区上飯田からタクシーに乗車した男が、目的地として告げた仙台市宮城野区の仙台栄郵便局近くに到着したところで、運転手の60代の男性に草刈り鎌のような刃物を向けて「金を出せ」と脅しました。

運転手が拒んだところ、男はおよそ3000円の乗車料金を支払わずにそのままタクシーを降りて走って逃げ去ったということで、警察が強盗事件として捜査を進めています。

警察によりますと、男は、身長は1メートル70センチくらいで、年齢は20歳代から30歳代、白い帽子にマスクを着用し、上下白のジャージとスエットを身につけていたということです。

警察は、現場周辺の住宅で聞き込みを行うなどして、男の行方を追っています。

引用:宮城野区でタクシー強盗|NHK 東北のニュース

シェアする

フォローする