宮城栗原 中3男子生徒が自殺か…場所や原因と遺書は?いじめ報告なし

4月11日、宮城県栗原市で、中学3年の男子生徒が自宅で倒れているのが見つかり、その後死亡が確認される事件がありました。

男子生徒は学校を休みがちだったということです。

警察は自殺とみて調べています。

事件があった場所

事件があったのは宮城県栗原市の男子生徒の自宅とされています。

引用:自殺か 中3男子死亡で調査へ|NHK 東北のニュース

倒れているのが見つかった男子生徒について

倒れているのが見つかったのは

  • 中学3年の男子生徒
  • 自宅の自室で倒れていた
  • 遺書などは見つかっていない
  • 去年の夏休みが終わった頃か学校を休みがちに
  • 中3の新学期からは登校していなかった

ということです。

事件の経緯

報じられている事件の経緯をまとめます。

  • 4月11日
  • 宮城県栗原市の住宅
  • 中3の男子生徒が自室で倒れているのが見つかる
  • その後死亡が確認された
  • 遺書などは見つかっていない
  • いじめなどのトラブルは確認されていない
  • 「学習意欲がわかないことが不登校の原因のようだ」
  • と学校は報告していた
  • 今後同級生や教職員にアンケートをする
  • 男子生徒の学校での様子について再調査の方針

原因は学校での出来事とは限りませんが、調査は必要だと感じます。

教育委員会は「将来ある若者が命を落としたのは残念であり無念だ。アンケート調査で改めて詳細を調べたい」と話しています。

自殺か 中3男子死亡で調査へ

今月、栗原市で中学3年の男子生徒が自宅で倒れているのが見つかり、その後、死亡が確認され、警察が自殺とみて調べています。

男子生徒は、学校を休みがちだったということで、市の教育委員会が、改めて学校での様子を調べることにしています。

栗原市や警察によりますと、今月11日、市内の中学3年の男子生徒が自宅の自分の部屋で倒れているのが見つかり、その後、死亡が確認されました。

遺書などは見つかっていないということですが、警察は、当時の状況から自殺とみて調べています。

栗原市教育委員会は15日、記者会見を開き、男子生徒には、いじめなどのトラブルは確認されていないものの、去年の夏休みが終わった頃から学校を休みがちだったことを明らかにしました。

また、中学3年の新学期が始まった今月9日からは登校しておらず、学校からは、「学習意欲がわかないことが不登校の原因のようだ」などと報告が上がっていたということです。

市の教育委員会は、今後、同級生や教職員にアンケート調査を行い、男子生徒の学校での様子について改めて調べることにしています。

記者会見した栗原市教育委員会の佐藤新一教育長は、「将来ある若者が命を落としたのは残念であり無念だ。アンケート調査で改めて詳細を調べたい」と話していました。

引用:自殺か 中3男子死亡で調査へ|NHK 東北のニュース

シェアする

フォローする