宮城塩釜 フォークリフトが横転し挟まれ死亡..場所や原因と被害者は?

1月16日午後、宮城県塩釜市の鉄工所で、33歳の作業員の男性が倒れたフォークリフトの下敷きになり死亡する事故がありました。

男性は当時一人でフォークリフトに乗り作業をしていたということです。

現在警察は、フォークリフトが何らかの原因でバランスを崩し横転したと見て、事故の原因を調べています。

事故があった場所

事故があったのは宮城県塩釜市北浜の「東北ドック鉄工」とされています。

事故にあった小畑俊一さんについて

事故にあったのは

  • 小畑俊一さん
  • 33歳
  • 当時1人でフォークリフトでの作業をしていた

ということです。

事故の経緯

報じられている事故の経緯をまとめます。

  • 1月16日午後1時半頃
  • 宮城県塩釜市の鉄工所
  • この鉄工所は船舶の修繕などを請け負うところ
  • フォークリフトが横転しているのを従業員が発見
  • およそ1.6トンのチェーンを運ぶ作業をしていた
  • 小畑俊一さんが挟まれ下敷きとなっていた
  • 病院に運ばれるもおよそ1時間後に死亡が確認

運転していたフォークリフトに挟まれるという状況があまり分かりませんが、報道では横転とされています。

横転して、その際にフォークリフトから転落し、挟まれてしまったということでしょうか。

現在警察は、現場の状況から、何かしらの原因でフォークリフトがバランスを崩し横転したと見て、事故の原因を調べているということです。

フォークリフトの下敷きに 死亡

 16日午後、塩釜市の鉄工所で作業をしていた従業員の33歳の男性が、倒れたフォークリフトの下敷きになり死亡しました。

16日午後1時半ごろ、塩釜市北浜の「東北ドック鉄工」で、船につける、重さがおよそ1.6トンのチェーンを運ぶ作業をしていたフォークリフトが横転しているのをこの会社の従業員が見つけました。

この事故で、従業員の小畑俊一さん(33)がフォークリフトに体を挟まれて下敷きになっていて、病院に運ばれましたが、およそ1時間後に死亡が確認されました。

警察によりますと、この鉄工所は船舶の修繕などを主に請け負っていて、小畑さんは当時1人でフォークリフトに乗って作業をしていたということです。

警察は、現場の状況からフォークリフトが何らかの原因でバランスを崩し横転したとみて、事故の原因を調べています。

引用:フォークリフトの下敷きに 死亡|NHK 東北のニュース

シェアする

フォローする