東京メトロの運転見合わせは「過剰反応」?ミサイル対応に批判が出る

29日の早朝に北朝鮮から発射されたミサイルで、東京メトロなどが一時運転を見合わせた件で「過剰反応だ」とする批判が出ています。デーブ・スペクターさんも30日のTBSサンデー・ジャポンで「あれはやり過ぎ」と批判しています。もちろん運転一時休止を当然とする意見もありますが、なぜやり過ぎなのでしょうか。それぞれの意見をまとめます。

スポンサードリンク

東京メトロがミサイル情報で一時運転見合わせ

29日(土)の早朝5時30分頃、北朝鮮はミサイルを発射させました。

結果は発射直後の爆発という失敗で、北朝鮮国内に落下したものと見られています。

ミサイルは推測されるミサイルの種類から判断しても日本を狙ったものではなく、日本海に就航している空母カールビンソンが標的だったのではないかという意見もあります。

東京メトロの対応

東京メトロは午前6時頃から約10分間電車の運転見合わせをしました。

当時の状況は

  • 5時30分頃北朝鮮のミサイル発射
  • 東京メトロがミサイル発射情報を受けとる
  • 6時ころ「お客様の安全確保のため当駅で停車しております」
  • というアナウンスとともに約10分間の運転見合わせ
  • 着弾した様子がなく失敗した可能性が高いと判断
  • 運転再開

というものです。

ミサイル情報での運転見合わせは始値のケースですが、4月下旬からミサイル発射情報があった場合には10分をめどに安全確認のための運転見合わせを決めていました。

【追記】

東京メトロはミサイル情報による運転見合わせなどの対応につて、Jアラート(全国瞬時警報システム)の発令を基準にすると発表しました。

このための運転見合わせ対応ということです。

ちなみに10分間は、Jアラートが鳴ってから着弾までの想定時間を考慮したものだそうです。

「過剰反応だ」とする意見

この対応に対して、「過剰反応だ」と批判する意見が出ています。

その理由は

  • むやみに恐怖を煽ってしまう
  • 北朝鮮に日本がミサイルにおびえているという印象を持たれる
  • 不要な運転見合わせで乗客に影響があった

というものです。

たしかに車内にいた方はかなり不安になったとコメントされています。

また、デーブさんは「(韓国の)ソウルでさえ冷静だった」と付け加え対応の過剰さを批判されていました。

ソウルは北朝鮮との国境からとても近く、万が一戦争になった場合は「北朝鮮にもソウルだけは落とせる」と言われるほどの位置にあります。(なぜこんなところに首都を置くのかという意見もあるほどです)

そのソウルが冷静であったにも関わらず、日本で非常停止という事態は、北朝鮮に対して日本がミサイルにおびえているという印象を与えてしまうかもしれません。

国際社会の中で毅然とした態度で北朝鮮に対しても対処していかなければ解決しない情勢です。

これらの点ではミサイル発射に対する過剰反応はするべきではないというものわかります。

運転見合わせで1万3000人に影響が出た件は「過剰反応」の問題とはほとんど関係がないでしょう。

今回は影響が出ても被害がなくてよかったと考えます。

引用:防衛省・自衛隊 2017年4月25日は北朝鮮の軍創設85周年記念日ということで、核実験が行われるのではないか、もしくはミサイ...

鉄道会社としても難しい対応

今回はミサイル発射に対して緊急の運転見合わせとなりましたが、対応の取り方も難しかったと思います。

Jアラートも鳴らなかったので、もしかしたら大したことないただの実験だったのかもしれませんが、逆にもしかしたら非常事態になっていた可能性もあります。

鉄道会社といえ、確実で詳細な情報が即時に伝えられたとも限りません。

もしかしたら、このミサイル発射が攻撃の始まりで、その後立て続けにミサイル発射をするかもしれません。

結果としては過剰反応だったかもしれませんが、万が一を想定した場合の運転見合わせは一つの対処法だったのではないでしょうか。

ちなみにJアラートが鳴った場合には運転を止める規定のある鉄道会社が多くあります。

早朝の発射

これまでも北朝鮮はミサイルの発射(実験?)を繰り返してきましたが、その多くは午前中の10時から12時頃が多く、前回(25日の軍創設85周年時)もその頃が危ないと言われていました。

しかし、29日は早朝のミサイル発射です。

しかも土曜日という週末の気の緩むタイミングであったこともあり、油断を誘った急襲ともとれます。

これらの点から北朝鮮が本気で攻撃を仕掛けてきたという推測もでき、そのための運転見合わせだったとも考えられます。

しかし、早朝が狙われることもあるということで、油断はできないですね。

まとめ

過剰反応による悪影響は理解できますが、ミサイルが発射された瞬間は過剰なのかどうか分かりませんよね。

わたしは朝起きてニュースで知りましたが、「ヤバいのではないか?」という感想が先でした。

その直後に失敗という情報を得ましたが、ミサイル発射の情報だけでは心配になり慎重になってしまうと考えます。

過剰反応と責め立てるのではなく、念のための停止であることを知っておくことが重要だと考えます。

そうすることで万が一のときにも冷静に行動できるようになるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする