南スーダンの治安はいい?駆けつけ警護とPKO自衛隊の任務と安全は

minamisudan
出典:47NEWS

南スーダンは2011年に独立したばかりの世界で最も新しい国です。

この南スーダンでは日本の自衛隊も平和維持活動(PKO)を行い、

南スーダンの安定と発展の手助けをしています。

しかし先日8日、首都のジュバで戦闘が発生し

100名以上の死者が出てしまったということです。

安全保障関連法案の成立による影響で

PKO派遣先での自衛隊の危険度は上がったと言えます。

今回は南スーダンの治安などの現状と

自衛隊の任務や安全について紹介します。

スポンサードリンク

南スーダン共和国

南スーダンは正式には南スーダン共和国

首都はジュバ

人口は約1000万人

アフリカ東部に位置する国です。

南スーダン独立の経緯

南スーダンはスーダンからの分離独立です。

この分離前のスーダンは

1956年イギリスからの独立を宣言しました。

しかしその際、

北部のイスラム教徒

南部のキリスト教徒との間で

内戦が勃発します。

これがスーダン内戦です。

2002年に和平が成立して停戦

2011年に住民投票が行われ

98.8%の圧倒的得票で独立が決定します。

こうして独立したのが南スーダン共和国でした。

その後2013年、今度は南スーダンで内戦が勃発します。

原因はキール大統領が

副大統領だったマシャール氏を解任したことです。

この解任が両者の出身民族ディンカ人とヌエル人の

民族紛争に発展してしまったのです。

2015年8月に和平が成立し、

マシャール氏が第1副大統領に就任したことで

問題は解決したはずでした。

しかし南スーダン国内では経済的混乱が続き

国は財政難の状態です。

人々の生活もままならないため

たびたびストなどが起きており、

その結果の一つが今回の戦闘とも言えます。

今回の事件が単発のものではなく、

今後再びの内戦につながってしまうことが懸念されます。

脆弱国家南スーダン

脆弱国家(ぜいじゃくこっか)

国民の安全や生計を保証するといった

国家の基本的役割を果たすことが困難な国。

政府の施策や公共サービスが全国に及ばず、

国家に対する国民の信頼が失われている国をいうことが多い。

引用:コトバンク – 脆弱国家-

アメリカNGOのランキングによれば、

2015年この南スーダンは最も脆弱な国として挙げられています。

たしかに、2015年8月までは停戦前だったため、

現在とは状況が違うかもしれません。

しかし、混乱の状況は続き、

安全とは言いがたい状況でしょう。

PKOで派遣されている自衛隊の安全が気になります。

PKO派遣の自衛隊の任務

PKOは国連の平和維持活動です。

日本の自衛隊はこの南スーダンのPKOに

内戦前の2008年から参加しています。

具体的な活動は

  • 治安維持
  • 停戦監視
  • インフラ整備
  • 国家機構の構築支援
  • 選挙実施の支援

などです。

ただしこれまで日本の自衛隊は

治安維持や停戦監視にはほとんど関わってきませんでした

駆けつけ警護

2015年10月の安全保障関連法案の成立で、

日本の自衛隊の任務に変化が出てきました。

それが、駆けつけ警護というものです。

駆けつけ警護とは

駆けつけ警護とは

PKO派遣先で友好関係のある他国の部隊が戦闘に巻き込まれた場合

駆けつけて共に闘うというものです。

つまり、日本の自衛隊も戦闘に参加します。

さらに、これまでは正当防衛や緊急避難に限られていた武器使用

撃退の用途にも使えるようになります。

当然、自衛隊員の危険は増します。

現在派遣されている部隊では適用されませんが、

11月に南スーダンへ派遣される11次隊から

駆けつけ警護が任務に加わる予定になっています。

まとめ

  • 南スーダンはアフリカ東にある世界で最も新しい国
  • 内戦が起こっており2105年8月に停戦したばかり
  • 停戦したものの国内は混乱状態で、ストが頻発
  • 最も脆弱な国」とされており、治安も良くない
  • 日本の自衛隊は2008年から南スーダンでPKOをしている
  • 今まではインフラ整備などの任務が主で、戦闘参加はなかった
  • 11月に派遣される部隊からは「駆けつけ警護」が任務に加わる予定
  • 駆けつけ警護とは武器を使用し他国の部隊などを助けに行く任務

自衛隊のPKO派遣は日本政府の外面のために強行されたという意見もあります。

たしかに、世界で起きている事件や問題に知らん顔していいとは言えません。

しかし、人名が関われば話は別です。

国としては追うべき利益は世界の中での地位なのか命なのか

議論をしていく必要があると考えます。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする