北九州の海ポチャ仕様のスタジアムが斬新!ミクニワールドスタジアム

引用:Yahoo!ニュース
福岡県北九州市に2017年2月18日オープンしたミクニワールドスタジアムは、海に面した「海ポチャ」ありの珍しいスタジアムです。この日はこけら落としとしてラグビーの東日本大震災・熊本自身復興支援チャリティーマッチ「サンウルブズvsジャパンビートトップリーグオールスター」の試合が開催され、さっそくボールの海ポチャがありました。興味深いスタジアムですよね。少し詳しく見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

ミクニワールドスタジアム

ミクニワールドスタジアム

福岡県北九州市小倉にある球技場で、

全15,066席の天然芝スタジアムです。

J3のサッカークラブ

ギラヴァンツ北九州

ホームスタジアムでもあります。

将来的には2万人規模の収容人数になる予定で

さまざまなトップリーグの試合が開催される

予定になっています。

特徴は何と言っても海に面した造りで、

海側にはフェンスもネットもありません。

サッカーやラグビーをすれば当然ボールは

海ポチャ

してしまいます。

一種のハラハラ感も楽しめそうですね。

海ポチャしたら

今後名物になるかもしれない

ミクニワールドスタジアムの

海ポチャですが、

フェンスやネットがないのは

お金の問題だそうです。

もちろんボールが落ちてしまえば

ボール代もかかりますが、

フェンスやネットを付けるよりも

ボールを拾いに行ったほうが安い

という判断だそうです。

いちいち拾いに行くのも大変そうですが

ボールを海に残しておくのは

海に廃棄し、汚すことと同じなので

きちんと拾いに行くということに

しているそうです。

ちなみにボールの回収費用は

ゲームの主催者側が出すことになっています。

気になる点

錆びないの?

引用:ベネッセ教育情報サイト

海に面したスタジアムということですが

潮風対策は大丈夫なのでしょうか。

潮風で錆びることを「塩害」と言うそうです。

沿岸部にあるスタジアムとしては

鹿島アントラーズのスタジアムがあります。

お金をかけて継続的なメンテナンスを

しているそうですが、

それでも雨で塩が流されないところなどは

塩害がひどく見られるそうです。

こまめにメンテナンスをするしかないようですね。

スポンサードリンク

海から船で入場や観戦は?

海に張り出しているので

海から船&クレーンで選手入場

なんてこともできるかもしれません。

また、大きな船を横付けして

船からの試合観戦なんてことも

できるんじゃないでしょうか。

たとえできても、

あえて船から見る意味は

ありませんけどね。

外国にもある海ポチャスタジアム

AT&Tパーク

海ポチャスタジアムとしてまず思い浮かべるのは

アメリカメジャーリグのあのスタジアムですよね。

引用:AT&Tパーク – Wikipedia

AT&Tパークという名称で

カリフォルニア州サンフランシスコにあるそうです。

そして海ポチャホームランは野球ファンの間では

スプラッシュヒット」と呼ばれ

日本人では福留孝介選手が達成していました。

(ただし、福留孝介選手の打球は

旗に当たっているため公式には

認められていないということです。)

まだある海ポチャスタジアム

他にもありました。

スヴァンガスカルズ・スタジアム

(フェロー諸島)

フェロー諸島はイギリスの北

アイスランドとの中間あたりに位置する島です。

かつてはフェロー諸島の代表チームの

ホームグラウンドだったそうです。

ラインのすぐ外側が海のようにも見えますが、

収容人数6,000人ということです。

マリーナ・ベイ・フロート

(シンガポール)

海の中に浮くようにスタジアムがありますね。

シンガポールは小さい国だからでしょうか。

収容人数は驚きの3万人です。

想像以上に大きいのかもしれませんね。

まとめ

海ポチャありの斬新なスタジアム、ミクニワールドスタジアムを紹介しました。もちろん試合もワクワクするものですが、それに加えて楽しみを与えてくれそうです。ぜひ行ってみたいですね。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする