三重 13歳女子中学生にわいせつ行為..付き合っていた?発覚した経緯

当時13歳の女子中学生にみだらな行為をしたとして、三重県内の団体職員が逮捕されました。

団体職員の名前は野中駿佑容疑者(20)で、容疑は県青少年健全育成条例違反の疑いです。

野中容疑者は「女子生徒とは付き合っていた、13歳の中学生だということも分かっていた」と容疑を認めているということです。

スポンサードリンク

容疑者について

容疑者について報道されていることをまとめると

  • 野中駿佑容疑者
  • 20歳
  • 団体職員
  • 三重県紀北町在住
  • 容疑を認めている

団体職員が何の団体なのかは報道されていないため分かりませんが、いわゆる「みなし公務員」のことでしょう。

みなしこうむいん【みなし公務員】

公務員とは異なるが、業務の性質上、法令により公務に従事する職員とみなされ、刑法その他の罰則の適用などについて公務員に準じる取り扱いを受ける者。特殊法人の職員など。

引用:みなし公務員(みなしこうむいん)とは – コトバンク

みだらな行為

野中駿佑容疑者に対する疑いは

  • 5月12日
  • 和歌山県の女子中学生の家
  • 13歳の女子中学生に対し
  • 18歳未満と知っていながらわいせつ行為をした
  • というものです。

野中駿佑容疑者は容疑を認めており、加えて

「女子生徒とは付き合っていた」

と話しているようです。

女子中学生と成人した大人とでは「付き合う」の意味合いが違ってくるでしょう。

野中駿佑容疑者がわいせつ行為に対する説明として話しているのであれば、理由になっていないと考えます。

女子中学生側から訴えがあったのではないか?

今回の報道の中では、なぜ発覚し逮捕に至ったのかという点については報道されていません。

考えられることとしては

  • 単純に女子中学生が嫌がった
  • 女子中学生の家なので、家族に見つかった

などでしょうか。

13歳相手となると、わいせつ行為が何を指すのかという疑問もありますが、女子中学生相手でしかも女子中学生の家で、危ないマネはしないでしょう。

おそらく無理やりのわいせつ行為され、女子中学生が嫌がり、保護者に相談し、通報となったのではないかと考えます。

野中駿佑容疑者と女子中学生とはSNSで知り合ったということですが、県外の大人と13歳とが簡単に知り合える時代になったのですね。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする