メルカリ現金規制で今度はSuicaが出品?マネーロンダリングとは

引用:Yahoo!ニュース

【追記】

インターネット上に現金が出品されていたことに関して、金融庁が「貸金業違反に当たるおそれがある」という考えを示しました。

具体的には

メルカリやYahoo!オークションで現金を取引することは貸金業の媒介に当たるおそれがあるということです。

メルカリやYahoo!オークション側で貸金業の登録を行っていない場合には法律違反となり刑事罰の対象となるそうです。

ちなみにSuicaなどのチャージ式のICカードについては、まだ検討中ということです。

また、メルカリ側としては、商品券などの金券を取引すること自体は禁止していないということです。

具体的には、余った商品券を取引することは可能だそうです。

しかし、換金の手段として出品しているものを規制するために個別に商品説明や取引の携帯を確認しているとしています。

特に旅行券などは換金性が高いため規制が強化されているということです。


メルカリでの現金の出品が問題視され、現金の出品が制限付きになり、Yahoo!オークションでも同様の対処がとられるようになりました。と思ったら今度はSuicaが出品されているようです。なぜこんなに現金(のようなもの)が売れるのでしょうか。

スポンサードリンク

現金を出品する理由

現金が出品されてきた理由は、

  • マネーロンダリング(資金洗浄)
  • クレジットカードのショッピング枠の現金化

と言われています。

それぞれを簡単に確認していきます。

マネーロンダリングとは

マネーロンダリングとは資金洗浄とも呼ばれ、不正な方法で得たお金を、正統な手段で得たように見せかけることです。

場合によっては取引を通じて紙幣に印刷されている番号を違うものにすることもマネーロンダリングと言われます。

具体的には、盗品の売買、偽札、脱税などで得たお金(汚れたお金)を、メルカリを通じて取引をし、通常の紙幣に交換するということです。

汚れたお金を使えるお金にするためには少し位高くても払うため、2万円が2万7000円になったりしますよね。

ショッピング枠の現金化

メルカリに出品されている金額からして、このクレジットカードの現金化のパターンが多いのではないでしょうか。

こちらは、

  • クレジットカードのキャシング枠を使い切ってしまった
  • しかし今すぐ現金が必要な状況である
  • メルカリならばクレジットカード決済ができる
  • クレジットカードのキャッシング枠で決済
  • 現金が手に入る

という流れです。

この取引自体に問題はないと考えられますが、ある意味借金なのでむやみに手を出してはいけませんよね。

出品者にとってはお金だけでお金が増やせる美味しいことこの上ない取引のため、規制されなければどんどん増えていくでしょう。

購入者にとっては簡単に借金ができてしまう状況で、もしかしたら安易にムリなところまで購入してしまうかもしれません。

場合によっては多重債務を助長することになります。

プラットフォームを提供しているだけだとしてもメルカリやYahoo!オークションは批判を受ける可能性があるため、今回の措置となったのでしょう。

もともと規約違反?

もともとメルカリではマネーロンダリングを目的にした現金の出品は禁止されているようです。

また、現金の出品そのものについても、希少価値のある硬貨などを対象に2月の中旬に取引が解禁されたばかりでした。

しかし、制度の枠内であれば知恵の働く方はうまく利用するのですね(厳密には違反と考えられますが)。

今度はSuicaが取引される

現金の取引が規制されたと思いきや、今度は現金チャージ済みSuicaが取引されているようです。

チャージ金額は2万円ほどで販売価格は24000円ほどが多いようです。

たしかに今はSuicaも便利で、使える場面を調べてみると、

  • コンビニ(大抵のコンビニで使用可)
  • スーパー(イオン、イトーヨーカドーなど多数)
  • 家電量販店(ヨドバシカメラなど)
  • ドラッグストア(ツルハドラッグなど)
  • 書店(紀伊國屋書店など)
  • ファッションストア(洋服の青山など)
  • 飲食店(ファミレス、定食屋など多数)
  • アミューズメント(カラオケなど)
  • ホテル(ルートインズホテルなど)
  • タクシー(kmタクシーなど)
  • レンタカー(オリックスレンタカーなど)
  • 飛行機(ANA国内線など)
  • その他(ヤマト運輸、スキー場など)

思ってた以上に多くのお店で使えますね。

詳細は以下のページをご覧ください。

中にはポイントが貯まらなかったり、チャージができないお店もありますが、Suicaだけ持っていればなんとかなりそうです。

たしかに、現金の代わりになるため、メルカリへの出品も納得できます。

まとめ

このまま行くと現金チャージ済みSuicaの出品は増えそうですが、やはりマネーロンダリングの一種とみなされ、規制されていくでしょう。

そうするとまた次なる手段が出てくるのでしょうね。

そしてさらに規制と…

メルカリやYahoo!オークションなどはとても便利なものなので、これがきっかけで使いづらいものにならないことを希望します。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする