メール83通ストーカー行為…電話番号を入手した方法は?42歳女が逮捕

一方的に好意を寄せる男性に3日間で83通のメールを送る、ストーカー行為を行ったとして、42歳の女性が逮捕されました。

逮捕されたのは中村弘美容疑者(42)。

被害者は20代の男性会社員です。

中村弘美容疑者は容疑を見と得ているということです。

スポンサードリンク

ストーカー行為を行った容疑

ストーカー行為を行った容疑で逮捕されたのは

  • 中村弘美容疑者
  • 42歳
  • 千葉県我孫子市

インタビューに答えた母親の証言では4年前から、報道でも3年前からストーカー行為を繰り返していたといいます。

報道されているメールの内容は

  • 好きだ
  • 愛している
  • きょうはいなかったね(男性の勤務先を訪れた後)

などということで、これが11月5日から7日の3日間の間に83通も送信されていたということです。

被害者は千葉県柏市に住む20代の男性会社員ということですが、怖いはずですよね。

なにより、メールアドレスを入手されたということが恐怖です。

メールアドレスや電話番号をどうやて入手したか

報道では「何らかの方法で男性の電話番号を入手」とされているだけで具体的ではありません。

ただ、メールアドレスではなく電話番号とされていることから、ショートメールが送信されていたということでしょう。

それでも電話番号が伝わっているという事実には変わりありません。

実際にどうやって入手したのか、推測されていることには

  • 誰かが教えてしまった
  • ツイッターなどで男性の知人にからみ、(ウソをついて)聞き出した
  • ゴミをあさりその中から個人情報を得ていた
  • 集団ストーカーの末、情報を握った

などがあります。

集団ストーカーというのは聞きなれないですが、今回逮捕された中村弘美容疑者だけでなく、多数のストーカーがほぼ24時間監視していて、その中で情報を掴んでいた、というものです。

被害者の男性がとても魅力的であればそれもありそうですが…そうだとしたら怖いなんてものではありませんよね。

中村弘美容疑者は少なくとも3年前からストーカー行為を繰り返していたということです。

それが11月になっていきなりメールの大量送信をしたことを考えると、もしかしたらつい最近、偶然電話番号を手に入れただけかもしれません。

報道されていないのでまだ分かりませんが、メールの送信は以前からもあったのでしょうか。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする