マックのナゲットキャンペーン中止 理由はTwitterでの荒らし行為?

マクドナルドで開催中の「怪盗#ナゲッツ親子 キャンペーン」が29日までで急遽の中止・終了となりました。当初は5月7日(日)までの予定でした。理由は想定を上回る応募ということですが、一部では「荒らし行為」に悪用されてしまったためと言われています。一体何があったのでしょうか。

スポンサードリンク

怪盗#ナゲッツ親子 キャンペーン

マクドナルドで開催されていた「怪盗#ナゲッツ親子 キャンペーン」とは

  • ダンディ板野さんが「怪盗ナゲッツ」として宣伝
  • キャンペーンの参加方法はまずマックの公式アカウントをフォローして
  • 怪盗ナゲッツの目撃情報を「#ナゲッツ親子」のハッシュタグでツイート
  • 公式アカウントの#ナゲッツ親子のついたツイートをリツイートするだけでもOK
  • 抽選で1000人に1人に、チキンマックナゲット1年分が当たる

というものでした。

引用:怪盗ナゲッツ親子を捕まえろ!| McDonald’s

ナゲット1年分はチキンマックナゲット5ピースの引換券365枚だそうです。

ナゲットは好きですが、毎日は飽きちゃいそうです。

ダンディ板野さんといえば

  • ゲッツ
  • 元マクドナルド店員

ですよね。

ナゲッツ親子にぴったりです。

ツイートする内容は目撃情報とされていますが、妄想などでもいいそうで、ハッシュタグがついていたら何でもいいようです。

キャンペーン応募のツイートすると「ナゲッツ親子」の画像入り返信が送られて来ます。

これが当選発表になっているようですね。

当初このキャンペーンは5月7日(日)までの予定でしたが、

予想をはるかに上回るご応募をいただき、当選連絡の遅延などのキャンペーン運営上で皆様にご迷惑をおかけする状況となってしまいましたため、誠に勝手ながら、期間を短縮し終了させていただきます。

引用:怪盗ナゲッツ親子を捕まえろ!| McDonald’s

と公式ページで29日(土)までで中止と終了が発表されてしまいました。

本当はGW中ずっとキャンペーンで楽しんでもらいたかったのでしょう。

ところで、ここでは「予想を遥かに上回るご応募」が原因とされていますが、実は理由は別にあったと噂されています。

キャンペーンを利用した「荒らし行為」

この「荒らし行為」はツイート後に「ナゲッツ親子」の画像入り返信が送られてくることを利用したものでした。

具体的には、

  • 活動休止をしていたはじめしゃちょーが「ただいまTwitter」と復帰を匂わせるツイート
  • このツイートに「#ナゲッツ親子」のハッシュタグ入りの返信が殺到
  • 「ナゲッツ親子」の画像入りツイートも送られてくる
  • はじめしゃちょーのツイッターが「ナゲッツ親子」で埋め尽くされる

というものです。

完全に想定外の使われ方ですよね。

マクドナルド側も「意図しない使われ方が拡散する可能性も考えて終了を決めた」と荒らし行為がキャンペーン終了に影響したことを示しています。

はじめしゃちょーも気軽にツイートしただけだと思いますが、とんだ災難ですよね。

色々あって大変だったはじめしゃちょーについてはこちらの記事もどうぞ

はじめしゃちょーの女性問題が暴露され、関係者の間で騒動となり、はじめしゃちょーが上記のような真面目な謝罪会見の動画をアップロードされ...

現在の応募数は?

28日の時点で応募数はすでに600万を突破していたということです。

1000人に一人当たるので、単純計算で6000人の当選者が出ていることになります。

ちなみに金額にすると、ナゲット5ピースの通常価格を200円として…

  • 1年分(365日)で73,000円
  • 6000人分で4億3800万円

億超え!(計算合っていますか?)

予想を遥かに上回るということですが、もともとはどれくらいを予想していたのでしょうか。

4億は大きすぎる気がします。

むしろ「荒らし行為」は付け足しの理由に過ぎないのかもしれません。

今回の「荒らし行為」に使われたツイートは数には含ます、また他にも不正行為など無効になる条件はあるようですが、それでもかなりの数ですよね。

中止になっても仕方なかったのかもしれません。

まとめ

最近はツイッターを利用したマーケティングもよく目にするようになってきました。

手軽に参加できるのがいいですよね。

しかし、荒らし行為などに発展する恐れもあり使い方は慎重にしないといけないようです。

また今回のようにキャンペーンが大盤振る舞いになりすぎてしまうこともありますよね。

マクドナルドとしては、損しちゃうんじゃないかな…

スポンサードリンク

シェアする

フォローする