熊本 顔から血の父親を帰省の長男が発見..場所や原因は?同居の次男は

1月2日午後、熊本市の住宅で、83歳の男性が顔から血を流して死亡しているのを、帰省してきた長男が発見するという事件がありました。

傷などの状態から殺人事件の可能性があるということです。

男性は40代の次男と2人暮らしで、当時は留守にしていました。

その後警察が自宅近くで次男を見つけ、事情を聞くなどして事件の詳しい状況を調べています。

事件があった場所

事件があったのは熊本市西区の住宅と報じられています。

男性について

死亡していたのは

  • 上村信之さん
  • 83歳
  • 熊本毛西区
  • 鼻から出血するなど複数の傷
  • 40代の次男と2人暮らしだった

ということです。

事件の経緯

報じられている事件の経緯をまとめます。

  • 1月2日午後0時半過ぎ
  • 熊本市西区の住宅
  • 鹿児島江権に住む50代の長男が帰省
  • 倒れている父親を発見
  • 「父親が血を流して倒れている」と消防に通報
  • 救急隊が駆けつけたところ父親はすでに死亡していた
  • 鼻から出血など複数の傷があり殺人の疑いがある
  • 長男が帰ったとき、玄関の鍵はかかっていなかった
  • 父親と同居する次男はいなかった
  • 警察が自宅近くで次男を見つけ事情を聞いている

次男の話については報じられていませんが、事件のことを知っているか、関係しているかなのでしょうか。

現在警察は、殺人の可能性があるとみて、死因などを調べているということです。

80代男性死亡 体に複数の傷

 2日午後、熊本市西区の住宅でこの家に住む80代の男性が顔から血を流して死亡しているのが見つかり、警察は傷の状態などから、殺人事件の可能性があると見て調べています。

2日午後0時半すぎ、熊本市西区の上村信之さん(83)の住宅に鹿児島県に住む50代の長男が帰省してきたところ、倒れている上村さんを見つけ、「父親が血を流して倒れている」と消防に通報しました。

救急隊が駆けつけましたが、すでに上村さんは死亡していたということです。

警察によりますと、上村さんは鼻から出血するなど顔などに複数の傷があり、警察は傷の状態などから殺人事件の可能性があるとみて、詳しい死因を調べています。

また、上村さんは40代の次男と2人暮らしでしたが、次男は、長男が上村さんを見つけた際には留守で玄関には鍵がかかっていなかったということです。

その後、警察官が自宅近くで次男を見つけ、次男から事情を聞くなどして詳しい状況を調べています。

引用:80代男性死亡 体に複数の傷|NHK 熊本県のニュース

シェアする

フォローする