【衆議院選挙】 自民党は小池氏に出馬してもらいたい?自滅を狙っている?

引用:THE PAGE 東京

10月22日(日)の衆議院総選挙に向けて

小池都知事が「希望の党」の代表として

出馬するのかどうかに注目が集まっています。

当の小池都知事は否定していますが…どうなるのでしょう。

さらにはライバルのはずの自民党からは

「出馬をするべき」という発言が見られます。

その意図についてもまとめました。

小池氏は出馬を否定

今回の衆議院選挙に対して小池都知事は

一貫して出馬しないとの主張を続けています。

しかし、新党「希望の党」を立ち上げて自分が代表になるなど

国政に乗り出している様子もまた確かです。

小池都知事は

「国政に関与していくことは東京にとってもプラス」

として

東京都知事と国政の党の代表が同時に務まるのか

という批判に応えていたわけですが、

いきなり

国政重視、都政は後回し

ととれる状況が起きていまいた。

公務取り止めの取り止め

小池都知事は東京都知事として

  • (9/29)女性のベンチャー促進のためのイベント(APT Women)
  • (9/30)六本木アートナイト2017
  • (10/7)ピンクリボンデザイン大賞表彰式

キャンセル

  • (10/21〜)パリ出張

日程変更を発表しました。

理由はいずれもスケージュールの問題ということです。

最終的にはこのことが報道されたためか

「スケージュールの調整がついた」

ということでAPT Wemenは出席しますが、

六本木アートナイト2017には欠席となります。

状況としてはすでに国政に関わることが

都政ファーストの障害になっている様子があり

その批判も免れません。

小池都知事の衆議院選挙への出馬はかなり難しくなっています。

自民党からは出馬すべきとの発言も

自民党などからは

「小池氏は衆議院選挙に出馬をするべき」

という発言が聞かれます。

引用:ライブドアニュース

菅義偉官房長官は

国を思うのであれば、堂々と出馬宣言されて、国民生活に関わる重要事項について考え方を示され、真っ正面から政策論争をやっていくのが必要だ

引用: ライブドアニュース

引用:HUFFPOST

と述べ、また小泉進次郎筆頭副幹事長も

私は、小池さんに選挙に出てほしい

引用:スポーツ報知

という具合です。

昨年の都知事選の様子を見ると

小池都知事は人気を集めるのが上手く

逆に自民党は森友・加計学園の問題で支持率を失っています

その状況で自民党があえてライバルの出馬を求める理由は

小池氏の自滅

を狙っているとも考えられています。

ねらいは小池都知事の自滅?

都政投げ出し

これが自民党の攻撃ポイントとなるという考えです。

つまり

  • まだ都知事になって1年しか経っていない
  • 成果もまだこれからなのに投げ出す?
  • 衆議院立候補のために知事を辞職すれば再び都知事選
  • これには約50億円の税金が使われることに
  • 結局口だけ

というものです。

ここを突かれると、たしかに痛いですね。

政権交代は「次の次」?

引用:毎日新聞

「希望の党」若狭勝議員は

調整中の(候補者擁立などの)話を踏まえ、『次の次で確実に交代できる議席数に達する』という思いでいるとすれば、今回の衆院選に小池代表が出なくてもかまわない

引用:産経ニュース

と、今回の衆議院選挙で確実に政権交代ができるなら

小池都知事は出馬することもあると前置きした上で

次の次の衆院選で政権交代するので今回小池代表は出なくてもかまわない

と語りました。

つまり政権交代するならば小池都知事には衆議院議員になってもらって

総理大臣になってもらいたいということなのでしょう。

しかし、そんな悠長なことを言っていられるのでしょうか。

次の次となれば、解散がなければ8年後です。

小池都知事が都政を成功させなければ

政権交代もなくなるでしょう。

まとめ

小池都知事が衆議院選挙に出馬することは

なかなか難しい状況です。

しかし、昨年の都知事選では

相当に頭が切れる印象を受けました。

出馬してもうまく批判をかわすのかもしれません。

さらに都知事選のときの様にメディアが煽れば

どうなるかも分かりません。

衆議院選挙の公示は10月10日(火)で、

この日に立候補者が出揃います。

どういう形になるのでしょうか。