兵庫芦屋 キックスケーターで海転落の場所や原因は?酒をんでいた

12月16日午後11時半頃、兵庫県芦屋市の海で、56歳の男性が沈んでいるのが発見されました。

男性は現場で死亡が確認されています。

警察は防犯カメラの映像から、キックスケーターで桟橋を渡る際に誤って海に転落したとみて調べています。

事故があった場所

事故があったのは兵庫県芦屋市海洋町付近の海で、「芦屋マリーナ」で酒を飲んでいたとされています。

事故にあった会社役員の男性

事故にあった男性については

  • 56歳
  • 会社役員
  • 京都市左京区
  • キックスケーターに乗っていた
  • 別荘で酒を飲んでいた

ということです。

ちなみにキックスケーターはこちらのようなものです。

酒を飲んでいて、バランスをとることが必要そうなキックスケーターに乗っていたということで、事故で転落した可能性が高いですね。

事故の経緯

報じられている事故の経緯をまとめます。

  • 12月16日午後11時頃
  • 兵庫県芦屋市海洋町
  • 「船の方に向かった男性が帰ってこない」と110番
  • 11時半頃、捜査員が海でうつ伏せに沈んでいる男性を発見

防犯カメラの映像などから、キックスケーターで桟橋を渡る際に誤って海に転落したとみられています。

車などと比べて大きな事故の可能性はないかもしれませんが、酒を飲んでいれば自分が転倒してしまう可能性は高いですよね。

キックスケーターに乗るべきではなかったかもしれません。

桟橋から誤って海に転落か、会社役員死亡 芦屋

 16日午後11時半ごろ、兵庫県芦屋市海洋町付近の海上で、京都市左京区の会社役員男性(56)がうつぶせになって沈んでいるのを捜索中の芦屋署の署員が発見した。男性は現場で死亡が確認された。

同署によると、男性は「芦屋マリーナ」にある桟橋付きの別荘で知人と酒を飲んでいたといい、同11時ごろに知人から「船の方に向かった男性が帰ってこない」と110番があったという。同署は防犯カメラの映像などから、キックスケーターで桟橋を通る際に誤って転落したとみて調べている。

引用:神戸新聞NEXT|事件・事故|桟橋から誤って海に転落か、会社役員死亡 芦屋

シェアする

フォローする