ミスではない献血が原因で死亡…防ぐ方法や検査はないのか?国内で初

献血する側も考えてしまいますよね。自分の血液で人が死んでしまうとしたら…

スポンサードリンク

女児、輸血1カ月後に死亡 血液製剤に大腸菌混入か

 白血病の治療で今年8月に血液製剤の輸血を受けた女児が危篤状態に陥り、約1カ月後に亡くなったことがわかった。女児の血液と製剤の成分から同じ大腸菌が検出されており、製剤に混入していた菌による感染が原因とみられる。製造した日本赤十字社が29日、厚生労働省の有識者会議で報告した。

厚労省によると、女児は10歳未満。急性骨髄性白血病の再発治療で骨髄移植を受け、今年8月に血小板製剤の輸血を受けた。約30分後に嘔吐(おうと)、下痢の症状が出たため、輸血は20ミリリットルで中止。その後、呼吸困難や肺出血を起こし、輸血から約1カ月後に敗血症性ショックによる多臓器不全で死亡した。

その後の分析で、女児の血液と残った製剤から検出した大腸菌の遺伝子型が一致。日赤は、同じ献血者の血液からつくった製剤の全量を出荷前に確保した。女児のほかに使われた例はないとしている。輸血に使った血小板製剤から大腸菌が検出されたのは2015年に1件あったが、死亡例は初めてという。

日赤は、献血者への問診などで発熱や体調不良などがないか確かめている。ただ、血液中に菌がいても症状がでない場合もあり、混入を完全になくすことは難しいという。厚労省の有識者会議は日赤に対し、リスクの周知と外観確認などの対策を徹底するよう要請した。

記事が長いのでまとめると、

  • 白血病の治療で女児が輸血を受ける
  • 約30分後に嘔吐と下痢の症状がでたため輸血を止める
  • このとき輸血は約20ミリリットルしていた
  • その後呼吸困難や肺出血を起こす
  • 約1ヶ月後に敗血症性ショックによる多臓器不全で死亡
  • 輸血に使った製剤と女児の血液から同じ遺伝子型の大腸菌が発見
  • 日本での死亡例は初めて

というものです。

治療が元で、しかもミスでも何でもない原因で健康被害を受けてしまったということですね。

現代の医学でもどうにもならないものなのでしょうか。

またこの輸血に使われた血液についてですが

  • 同じ献血からつくられた製剤は全て出荷前に確保
  • 他には使われていない

ということです。

つまり輸血者の大腸菌が原因というこだと読み取れ、献血する側も考えてしまいます。

こういった被害を防止するために献血をする際には、体調不良について問診があるそうですが、菌を持っていても体調に現れないことがあるそうです。

献血者は気が付かずに献血してしまうということですよね。

もちろん献血は重要な事で、いつも「足りません」という表示を見ます。

難しい問題です。

スポンサードリンク

インターネット上での反応

みなみのままん | たった今
そんなことがあるなんて知らなかったが防ぐ手立ては0なのか。
今後もこんな悲しいニュースがないといいけど。
きっと骨髄移植も頑張ったんだよね。
希望をもって治療していたであろう女の子のことを思うと辛いな。

jik***** | 1分前
問診だけして、肝心な血液は検査しなのか?

sorracc | 1分前
子供が以前同じ病気で、何度か輸血お世話になりました。
アレルギーか何かで全身真っ赤に腫れてきた時は本当に焦りましたが、こういうこともあるのだと思うとぞっとしました。

しかし、輸血をしないとそれこそ命に関わりますしなんとも辛いです。

ご冥福をお祈りします。

pos***** | 1分前
私は献血に行く人ですが、記事を読んでドキッとしました。
私は血管が細いので断られることもよく有ります。
出来るように健康管理には気を付けます。
薬を飲んだら行きません。
でも、知人で海外に行ったのなんて真面目に申告しない。と言った人がいて驚きました。
金券を配らなくなった今、それでもムリして記録にしたいと言う人も居ます。
なんでかな。と思います。
そう言う人は、きっとこのような記事に関心は持たないのかも知れないけど、
少しでも目に届いてくれると良いと思います。
症状のない大腸菌は問診をキツくしても分からないですよ。。。

shun***** | 2分前
献血の際、看護師下手くそで、針を射した腕の箇所が酷い内出血をしました。

それについて謝罪もなく、腕のない看護師のせいで献血者が障害を負った事件も知り恐ろしく、以来、大変残念ですが二度と献血に行こうと思いません

スポンサードリンク

シェアする

フォローする