埼玉川越高校 選抜高校野球の推薦辞退..中学生が練習参加できない理由

来春の選抜高校野球大会に21世紀枠推薦校となっていた川越市立川越高等学校が推薦を辞退したことがわかりました。

理由は、中学生を高校の練習に参加させていたことということです。

市川越が推薦辞退 中学生の練習参加で

 日本高校野球連盟は5日、来春の第90回記念選抜高校野球大会の21世紀枠推薦校になっていた市川越(埼玉)から、中学生を練習参加させたとして21世紀枠と一般の推薦辞退の届け出があり、了承したと発表した。

同校は、中学校の顧問から進路に迷っている生徒がいると相談を受け、11月3日に中学3年生1人を参加させた。規定では学校行事の一環としての練習参加は認められているが、野球部単独では禁止している。

日本高野連は5日に開いた審議委員会で、監督と顧問の処分を日本学生野球協会審査室に上申することを決めた。

引用:選抜高校野球:市川越が推薦辞退 中学生の練習参加で – 毎日新聞

中学生の高校での練習参加は禁止

記事によれば川越高校が選抜高校野球大会を辞退した理由を

中学校3年生を高校の練習に参加させていた

としているそうです。

その高校野球のルールを見てみると

この規定に適合する以外は、中学校生徒を高等学校野球部の練習に一切参加させてはならない.

引用:高等学校野球の関連規定

ということで、

練習に参加できるのは基本的に入学式後

ただし、

  • 入学が決まっていて
  • 中学の卒業式後で
  • 3月25日以降なら
  • 条件付き

で参加できるようです。それでも相当厳しいですね。

なぜ中学生が参加できないのか

そもそもなぜ中学生が高校の練習に参加できないのか調べてみると、日本における野球の特殊性が関係あるようです。

参加できない理由を一言で言うと

勧誘につながるから

ということだそうですが、細かく見ると

  • 春夏とテレビで全国放送される
  • 甲子園出場校は人気が出る
  • 入試倍率が上がる

そのために野球部に優秀な選手を集めるというのは、学校での部活という教育としての面が損なわれてしまうためで、野球の特待生にも厳しい制限がかかっています。

野球での特待生については、本来禁止されているようですが、すでに実施されている現状を考えて、

「5人以下がのぞましい」

ということになっているそうです。

まとめ

この中学生の練習参加は11月の出来事でした。

参加した本人も高校の部員もそんなことは知らなかったのかもしれませんが、辞退となるのは選手としたらかなり厳しい判断ですよね。

規定の意味を考えると、辞退の必要はなかったようにも思いますが、念のための判断ということなのでしょうか。

残念な結果になってしましました。

シェアする

フォローする