茨城笠間 出会い頭の衝突事故..場所や原因と容態は?20代女性2人が

1月29日午前、茨城県笠間市の交差点で、軽乗用車と乗用車が出会い頭に衝突する事故がありました。

この事故で乗用車に乗っていた20代の女性2人が全身を強く打つなどの大けがをしています。

警察は軽乗用車を運転していた現場の状況から軽乗用車を運転していた52歳の女を逮捕し、事故の詳しい原因を調べているということです。

事故があった場所

事故があったのは茨城県笠間市飯田市の信号のない交差点で、JR水戸線の笠間駅から北東におよそ5キロほどの田んぼが広がる地域とされています。

乗用車に乗っていた家族

乗用車には家族5人が乗っていました。

事故により

  • 24歳の長女が全身を強く打つ
  • 20歳の三女が腰の骨を折る

などの大けがをしているということです。

事件の経緯

報じられている事故の経緯をまとめます。

  • 1月29日午前8時過ぎ
  • 茨城県笠間市の交差点
  • 軽乗用車と乗用車の出会い頭の衝突事故
  • 乗用車に乗っていた20代の女性2人が大けが
  • 軽乗用車の側に一時停止の線があった
  • 運転していた52歳の女を逮捕

平日の朝の時間なので、急いでいたことが予想されます。

報じられていないようですが、命に別状などはあるのでしょうか。

現在警察は事故の詳しい原因を調べているということです。

交差点で出会い頭の事故2人重傷

 29日午前、笠間市の市道の交差点で軽乗用車と乗用車が出会い頭に衝突し、普通乗用車に乗っていた20代の女性2人が全身を強く打つなどの大けがをしました。

29日午前8時すぎ、笠間市飯田の市道どうしが交わる信号機のない交差点で、軽乗用車と乗用車が出会い頭に衝突しました。

警察によりますと、乗用車には家族5人が乗っていて、24歳の長女が全身を強く打つ大けがをしたほか、20歳の三女が腰の骨を折るなどの大けがをしました。

警察は、軽乗用車の側に一時停止の線があったことなどから、軽乗用車を運転していた52歳の女を逮捕して事故の詳しい原因を調べています。

事故の起きた現場は、JR水戸線の笠間駅から北東におよそ5キロの田んぼなどが広がる地域です。

引用:交差点で出会い頭の事故2人重傷|NHK 茨城県のニュース

シェアする

フォローする