兵庫県加古川市 鳩里小近くの刃物不審者はどこに逃げた?特徴も確認

11月13日午前7時35分頃、兵庫県加古川市の鳩里小学校近くの路上で、男子生徒がカッターナイフのようなもので切りつけられる事件がありました。

犯人の特徴は20代、170センチぐらい、やせ型、黒のフルフェイスヘルメット、黒っぽい服装、黒い自転車ということで、南へ逃走しています。

切りつけられた生徒は軽傷でした。

スポンサードリンク

現場の場所など

事件の現場は鳩里小学校付近の路上と報道されています。

そして逃走した方角は南側でした。

犯人の特徴

犯人の特徴をまとめます。

  • 年齢:20代くらい
  • 身長:170センチくらい
  • 体型:やせ型
  • その他の特徴
  • 黒いフルフェイスヘルメット
  • 黒っぽい服装
  • 黒い自転車

フルフェイスヘルメットを付けていたということから計画的だったということが分かります。

目的は何なのでしょうか、分かりません。

ただ、フルフェイスヘルメットという特徴は分かりやすいですね。

いきなり切りつける

報じられていることをまとめます。

  • 11月13日午前7時35分頃
  • 加古川市加古川町稲屋
  • 鳩里小学校近くの路上
  • 徒歩の男子生徒に対して
  • すれ違いざまにカッターナイフ
  • 男子生徒は手首を切られる
  • 男は南方へ逃げる

軽傷だったとはいえ手首は怖いですね。

また鳩里小学校近くですが、児童ではなく男子生徒と表現しています。

襲われたのが中学生の可能性もあり、小さな子ばかりを狙ったものではない可能性もあります。

ひょうご防犯ネット

こちらのページで新しい情報が得られるようですが、「子供に対する犯罪」のページは10月31日が最終更新で、11月13日のものはないようです。

ツイッターでも情報が集められるようです。

しばらくは注意が必要そうですね。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする