鹿児島紫原 娘が父親を包丁で..場所や原因と動機は?自ら警察に通報

4月9日夜、鹿児島市で、娘が包丁で父親を刺す事件がありました。

父親は病院に運ばれましたが、意識はあるということです。

警察は、娘を逮捕し、事件の詳しい状況を聞くなど、調べを進めているということです。

事件があった場所

事件があったのは鹿児島市紫原2丁目とされています。

逮捕された容疑者について

逮捕された容疑者については

  • 佐藤未来容疑者
  • 30差
  • 会社員
  • 鹿児島市紫原
  • 容疑を認めている

ということです。

事件の経緯

報じられている事件の経緯をまとめます。

  • 4月9日午後10時半ごろ
  • 鹿児島市の自宅
  • 同居する父親の腹を包丁で刺した
  • 父親は病院に運ばれるが意識はある
  • 容疑者本人が110番通報していた

事件時には通常とは違う状態だったのかもしれませんが、その後自ら警察に連絡していることを考えると、何かの事情があったものと考えられます。

動機は何なのでしょうか。

現在警察は、容疑者から事件の詳しい状況を聞くなどして調べを進めているということです。

鹿児島市の住宅で娘が父親を刺しけがさせる

鹿児島市の住宅で9日夜、同居する父親を包丁で刺しけがをさせたとして、30歳の娘が逮捕されました。

傷害の疑いで現行犯逮捕されたのは鹿児島市紫原2丁目の会社員・佐藤未来容疑者(30)です。

鹿児島南警察署によりますと佐藤容疑者は9日午後10時半ごろ自宅で、同居する父親の腹を包丁で刺し、けがをさせた疑いが持たれています。

父親は病院に運ばれましたが、意識はあるということです。

佐藤容疑者本人が警察に通報し、警察の調べに対して容疑を認めているということです。

警察は佐藤容疑者から事件の詳しい状況を聞くなど調べを進めています。

引用:鹿児島市の住宅で娘が父親を刺しけがさせる(MBC南日本放送) – Yahoo!ニュース

シェアする

フォローする